ID: NOocdHxF約1ヶ月前

フォローを外した不安から解放されたい。背中を押していただけません...

フォローを外した不安から解放されたい。背中を押していただけませんか?

同じ界隈の描き手さんをわりとフォローして見ていたんですが、あるとき「あれ、もしかしたら自分、影響を受けてるかも?描きたいものを見失うかも?」と思い、特に何も考えずに相互さん以外全員外しました。ちなみに外した方々と交流はなく、リプなどもしたことありません。

そしてそこから数か月。お恥ずかしながら、たまたま他の悩みでここを見つけて「描き手が描き手のフォローを外すのはほぼ気づかれている、そして印象悪い」ということを知ってしまい、割と焦っています。

フォローを外した人たちは、影響強そうな人=人気の人が多いため、これ、向こうからしたら
「自分に反応しない人、フォロバしてこなかった人を全部外した面倒くさいナルシスト」
だと思われてるんじゃ!?と思いそこからずっと不安が取れません。
フォロワーはわたしも外した方々も四桁(二人だけ五桁がいましたがもうアカウントはありません)です。

悶々としていたのですが、もう数か月経っていることに気づき、さらに私も自分の創作が楽しくてその方々の創作に興味がなくなったので、これもう気にするだけ損なのでは?と思っています。
しかしこれから徐々にイベントなどでお会いするでしょうし、やはり不安な面もあります。

そこでお聞きしたいのですが、数か月前に自分のフォローを外した描き手のことが気に入らず、陰で悪く言ったり、変な噂が立ったり…というのは考えすぎでしょうか?
仮にそのとき不快に感じても、数か月経ったら気にしなくなると思って大丈夫ですか?

大変おこがましいのですが、「相手はあなたの存在すら知らないかも」というのはほぼ有り得ないです。同人誌の売上、pixivの順位的に自カプの人なら絶対に目に入るので…。

ぶっちゃけそれで嫌われてても、悪いことはしてないので開き直るべきなんでしょうが、元々ビビりなのでなかなかそうもいかず。よければ背中を押してください…!

みんなのコメント

ID: hAQLvCnd 約1ヶ月前

私はフォロワー数3桁で全然大手ではないのですが交流していなくても同じ描き手ならフォローされたことも外されたこともわかりますね。私は固定なのでフォロバはほとんどしないタイプで、あくまで私の感覚なのですが、交流してなくても知ってる描き手さんからフォローされたときはやはり嬉しさもありますし、フォロー外されたら何か嫌な気分にさせてしまったのかな?と思ってしまいます。イベントで顔を合わせたときも複雑な気持ちにはなると思います。
ですが、フォロー、リム、ブロックなどは個人の自由ですしましてや交流したことのない人ですので、トピ主さんが「面倒くさいナルシスト」という理由で裏で悪口言われる筋合いはないと思います。そもそもフォロバされていないわけですし。

ID: qn9BOig4 約1ヶ月前

私もわりと何も考えずにSNSを使っているタイプなので、もしかしたら参考にはならないかもしれませんが……。
大丈夫ですよ!
世の中、そんなに悪く取る人ばっかりじゃないです。まったくの無根拠ですが、私はそう信じています。
もしかしたら、中には「あれ?」ってモヤモヤを抱えてる人もいるかもしれません。
でもトピ主さんもご自分でおっしゃってるように、そういう相手の感情はトピ主さんにはコントロール不可能なことです。そもそも意地悪や攻撃としてフォロー外したわけじゃないんだし、だったらもうそれだけで充分ですって。
悪口言われちゃったとしても、そういう人はトピ主さんの人生には入ってこられないし、関係ない人なんだし、「わー、ごめんね~」でおしまい。それを引きずるような人とは最初から合わないだろうし、もう「ご縁がなかった」ってやつです。それでおしまい。
それから、イベントで会うときの気まずさを心配されてますが、むしろリアルでお会いしてお話ししたときに、トピ主さんが明るく優しくニコニコしててくれれば、万が一相手がモヤモヤしてたとしても、そんなモヤモヤは吹っ飛んじゃうと思うんですよね。
SNSは言葉でなんとでも取り繕えてしまいますが、リアルの印象のほうはそうはいきませんし。
だから安心して、むしろそんな杞憂はさっぱり忘れて、堂々としているほうが絶対にお得です。
大丈夫、大丈夫!

ID: トピ主 約1ヶ月前

トピ主です。おふたりのコメントで大変勇気が出ました!
確かにそうですね、世の中そこまで悪意に満ちてはいないですね!

今年は通販イベントこそあるものの、全くリアルイベントに行けず直接のコミュニケーションが皆無だったので尚更気にしてしまったのだと思います。そう思うとリアルイベントのコミュニケーションって結構同人で大切だったんですね。
ネットは引き続き楽しみつつ、イベントはマックスまでテンションを上げて丁寧に挨拶したいと思います。
肩の重荷が取れました。ありがとうございます!

こちらの投稿もおすすめ