ID: IJ69EltZ11ヶ月前

同人誌を発行してイベントにサークル参加をしたり、アンソロジーやプ...

同人誌を発行してイベントにサークル参加をしたり、アンソロジーやプチオンリー企画を主催するのは、誰でも出来る事だと思いますか?

みんなのコメント

ID: GXpIiUdh 11ヶ月前

本出すのとサークル参加は誰でも出来るしちょっとくらい不安があっても挑戦してみたらいいと思いますが、アンソロやプチは他人を巻き込む上に事務作業が死ぬほど多いので軽率にやろうと言えるものじゃないですしそんな無責任な人にはやって欲しくないです。
(ただ完全に友達同士の内輪で出すアンソロに関してはもう少しハードル下がると思います。)

ID: yisPqQEJ 11ヶ月前

上の方と同意で、「同人誌作ってサークル参加」と「アンソロやプチオンリーの主催」は難易度や必要な知識・技術に大きな開きがあるかなと思います。でもできないわけではないです。

同人誌は、紙とペン、それとコンビニのコピー機と少しのお金があれば誰でも本を作ることができます。絵がかけなくてもPCがなくても。イベントに申し込んで作った本を机に並べれば立派なサークル参加です。

アンソロジーやプチオンリーは、そういうのをたくさん経験して、様々な勝手が分かるようになって、他の人との細かな調整ができるようになって、なおかつ大いなる熱意があると良いと思います。実際のところは、それなりに活動していて周囲の信頼感がないと人が集まらないかなと思います… 「一人でできること」と「一人だけではできないこと」の違いになるかもしれません。

ID: QR4mzroT 11ヶ月前

同人誌をつくってサークル参加するのは、1回や2回くらいなら今どきそれほどハードルは高くないと思います。SNSで事前にある程度知名度を上げておくこともできますし、初回参加の不安は低くなっていると思います。
ただ、継続して同じジャンルで活動していけるのはさらに絞られると思います。多くはネタ切れや萌えのうつり気、思ったより売れなくてオンに戻るなどでサークル参加から遠ざかるんじゃないでしょうか。

アンソロは自分が何回かアンソロに呼ばれているなどして運営の流れが大体わかっていないと、いきなり企画するのは無理があると思いますし、参加者の方に迷惑をかけることになると思います。また、慣れた方でも執筆者とのやりとりは神経を使いますし、純粋に情熱がないとできないと思いますので、アンソロ主催の方は尊敬しています。(きちんとした方に限りますが)

プチオンリーは、よほどジャンル内で人脈を築いていないと運営は難しいんじゃないかと思います。

ID: zcRXfVJ3 11ヶ月前

サークル参加はyou、赤ブー主催であれば申し込めば誰でも出来ます。コミケット主催だとある程度実績と運が必要な事が多いです。

プチやアンソロ主催は社会人程度の進行管理と事務処理ができる人であれば出来ます。
逆にそういった経験、能力が少ない人は円満では出来ません、頒布は出来ても何かしらの怨恨を残します。
その能力と同人経験の長さは≠だと思っています。

ID: z3opGER8 11ヶ月前

同人誌を発行してイベントにサークル参加は誰でもできる範囲内だと思います。参加費払って何か配布すれば立派にサークル参加です。印刷所印刷のがっちりクオリティでも、たとえ薄いコピー本でもペーパーでも関係ありません。

アンソロ主催、発行、配布は誰でもできるとは言えないですね……
締め切り(原稿の微調整にかかる日数、早割で印刷代抑えるための日数まで含む)計画性と根気と人脈と財力と、問い合わせに対するレスの速さ、原稿制作と入稿の知識、それとSNSの発言にまで気を配って、あらゆる面で自分を律することのできる精神力も必要です。人脈と財力のある人は社会人ならわりといるかもしれないんですが……
中にはアンソロに必要な連絡すっぽかしてらくがきしてツイに投げてキャッキャはしゃいで「原稿やばい〜」って言ったりする人もいるかもしれません。そーゆーのを見ても嫌味は絶対漏らさずグッとこらえる辛抱強さが必要だと思います。あと、主催はアンソロでどんなに気苦労があろうとそれを外に漏らしてはいけません。鍵垢でも言わないほうがいいです。

プチ主催までできる人はもはや神様ですねえ……お金もかかるし宣伝も必要だし、宣伝するにも人脈も必要になってきます。
アンソロもそうなんですが、企画モノって失敗ができないんですよね。どんな理由にせよ頓挫しようものなら、何年経とうとその汚名がついてまわります。たとえ再度立ち上げたとしても、いったんしくじった人の船に身を預ける気にはなりませんよね。

ひとくくりで同人活動っていっても、千差万別ですよ。個人誌でもページ数あって読み応えあって凝った本作るサークルさんと、毎回手抜きのペラ本しか出さないサークルさんとは比べられませんし。
ただ、何年も長く続けてる人っていうのは、そうはいないと思いますね。

こちらの投稿もおすすめ