ID: gmyfVPr59日前

オフでの同人活動をするべきなのか悩んでいます。 ネガティブ...

オフでの同人活動をするべきなのか悩んでいます。

ネガティブなうえ長文になりますが失礼します。

私は今までずっとオン専で、Twitter中心に絵や漫画をあげていました。現活動ジャンルは去年アニメ化した事で書き手が増えたもので、私も今年の初め頃にアニメを見てハマり、Twitterに描いたものをアップするようになりました。フォロワーも徐々に増え、同じカプが好きな描き手の方々からもフォローして頂いたり、フォロバして頂いたりして、相互フォローの関係になることが出来ました。大手の書き手さん達とも絵やつぶやきについてリプを送りあったり、毎日楽しく過ごしていました。

そこまでは良かったのですが、Twitterで軽い漫画や絵を上げるだけだった方々もイベントで本を出されるようになり、だんだんと輪ができてきてしまい、顔を合わせて会話したことも無くオンでしか関係の無い私はなんだか疎外感を感じるようになってしまったのです。私が絵を上げた時にエアリプで感想をくれたり、カプ萌えツイートにいいねをくれたりするのは変わらないのですが、サークル活動をしないと私の存在も忘れられ、それもだんだんとなくなってしまうのかなと思うと寂しいのです。

イベントの度に上げられるアフターの写真や、オフ会の写真を見るとなんだか暗澹たる気分になってしまい、私よりも後にそのジャンルに入ってきた方々が楽しそうにその輪に入っている様子を見ると、自分だけが取り残されているようで本当に胃が痛いです。またTwitterを見ていても、まったく関わりがなかったのにイベント後に急に仲良くリプを交わし合うフォロワーさんたちがいたりして、なんだかタイムラインにいる私以外の人たちみんながリアルで繋がっているように見えてしまいます。
以前のようにフォロワーさんの素敵な作品を見て感想を言おうと思っても、喋ったことも無い自分にリプを送られてもうっとおしいだけかな…など考えるようになってしまいリプを送るのも躊躇ってしまう状態です。

イベントに一般参加して相互さんに挨拶をしたこともあったのですが、自身のコミュニケーション能力の低さゆえ楽しくおしゃべりすることも出来ず、挨拶程度に話してただ本だけ買って帰ってくるような状態でした。
なんだか不甲斐なくて悲しいです。私が参加しなかったイベントのあとの相互さんの、今までで1番たのしい即売会でした、沢山お話できて楽しかったです。次はご飯一緒に行かせてくださいという楽しげな呟きにも心をえぐられてしまい、泣きたくなってしまいました。所詮ネットだけの繋がりしかない私はいらない存在なのかな、などと思ってしまい辛いです。
楽しかったはずのTwitterを見ているのも辛くて、でも気になって覗きに行ってしまうのでいっそアカウントを消してしまおうかな、と思ったのですがその方たちとの繋がりがなくなってしまうのも寂しいのです。

私はイラストを書くのは好きなのですが漫画を書くのは苦手です。描きたいと思う話はあるのですがひとつの話を描ききったことがなく、きちんとしたお話として描ける自信がありません。それに実家住まいなうえ、家族に同人活動をしている事は絶対にばれたくないのです。

人間関係を築くためにはサークル活動は必須なのでしょうか?
また、サークル活動をしなくても輪に入っていける方法はあるのでしょうか。

文を書くのが苦手で乱文になってしまい申し訳ありません。
イベントの度に辛くなって悶々と考えてしまうので、質問させていただきました。同じような経験のある方などいらっしゃればご助言を頂きたいです。よろしくお願いします。

5

みんなのコメント

ID: ksMe91l0 8日前

私も現在進行系で人間関係に悩み中で有効な解決策を持っているわけではないのですが、お辛い気持ちは分かる気がしますので、応援兼ねてコメントします。

まず、オフで顔を合わせると仲良くなりやすいという側面は確かにあるとは思いますが、一方でイベントにサークル参加したからといって自動的に仲がいい人ができるわけではありません…
むしろ、状況によっては周囲のサークルがワイワイ楽しそうにしてる中で自サークルがぽつんと取り残されている寂しさに(ネット上ではなく)リアルに耐えねばならない居たたまれなさすらあります。
初対面の人とのおしゃべりが苦手でしたら、サークル参加するだけで全てが解決するようなものでもないと思ったほうがいいと思います…
ただ、一度やって上手く行かなかったからといって必ずしも悲観するものでもなくて、何度か試しているうちに加減が分かってきて肩の力が抜けて楽しめるようになってくる可能性は十分あると思います。一般で行って本を買って(状況を見て)少し立ち話をして、イベント後に熱い感想を送る という交流方法もオーソドックスに有効だと思います。本の感想は本当にありがたいものなので…。

トピ主さんのお気持ちは、一般的には疎外感と嫉妬心で表現されるものだと思います。苦しい気持ちで心が一杯になってしまっているのだと思いますが、
>サークル活動をしないと私の存在も忘れられ
>私はいらない存在
このへんは事実から離れた悲観になっちゃってますので、いったん切り分けた方がいいかなと思います。(実際感想やいいねはもらえているのですから)
気後れして感想を送らないと、それこそ本当にフェードアウトになってしまう気がします…。トピ主さんも絵を描かれるなら感想のありがたさはきっと分かると思いますので、つながりを維持したいなら感想を送った方がいいのは間違いないと思います。もしそれすらも辛いようでしたら、体調不良や多忙を理由にツイッターを少し休んでなにか別の気分転換をしてもいいかもしれません。

それはそれとして、どうしても本を作りたい気持ちがあるなら挑戦してみるのもいいと思います。ただ、それを今のトピ主さんの状況で「交流の輪に入るための手段」にしてしまうのは勿体ないのでやめた方がいいかなとも思います…。本を作ることで確実に得られる結果は「本ができること」だけなので、それ以外のことは全て不確定です。仮に「本を作ったのに人の輪に入れない!」となったら、手段と目的がねじれてしまっているので余計こじれてしまうかも。
でも、本を作るのは純粋に楽しいですよ。SNSから離れて作業に没頭してみるのも一つの手かもしれません。

あとは、お住いの地域にもよると思いますが、別にイベントに出なくてもオフ会企画していいと思います。いわゆる「推し会」みたいな、良さを語ってご飯食べて帰る、みたいなのも普通に楽しいです。何か企画感があると他の人も参加しやすいかもしれません。
「オフ会楽しそう!私も相互さんたちと会ってワイワイやりたいよー!」とご自分の気持ちを明るく口に出してしまうことでちょっと気が楽になることもありますので、そういう意味でもいいかもしれません。
また楽しめる気持ちが戻ってくるよう祈ってます!

ID: KVz5y3nF 8日前

トピ主です。

真剣に話を聞いていただき嬉しいです。
ありがとうございます。

>オフで顔を合わせると~
そうですよね。もともと人見知り気質なので喋るのも得意ではなく、1度参加したくらいで仲良くなるのは難しいかもしれません。とても短絡的な思考でした。自ジャンルは常に人は居ますが私の推しカプは人口が多くはないので、イベントでもそのカプの島の大半が相互の方だったりします。その状況で仲間に入れないというのは酷く辛いですね…。大いに有り得ることですし、想像してなんとも言えない気分になりました。
私はなんでもマイナスに考えてしまうので悲観的になりがちなのですが、たしかに何度か経験することで肩の力が抜けて楽しめるようになるかもしれないですね。ありがとうございます。

>一般で本を買って〜
イベントの際には差し入れにメッセージカードを入れ、本を読んだあとはDMで感想を送るようにしていました。(返信大変かなと思っていつも返信不要にしてしまうので、そこで会話が生まれる訳では無いのですが…)

>事実から離れた悲観〜
全くその通りですね…丁度先日イベントで自カプのプチオンリーがあり、皆さん楽しげに会場での様子やアフターについて呟いていたので、なんだかいつも耐えられていたものが溢れてしまって感情的になってしまっていました。そのままの勢いで投稿してしまったので冷静になった今読み返すと悲観的すぎるし乱文だしめちゃくちゃ恥ずかしいです…。

>どうしても本を作りたい~
本を作りたい気持ちは確かにあります。
前ジャンルで有難いことにアンソロのゲストに呼んでいただいたことがあり、その時初めて自分が描いたものが紙媒体になっているのを見て、とても綺麗だったし、ものを作るということにわくわくしました。そんなこともあり、いつか本として出したくて温めている長めのお話が頭の中にあるのですが、具体的に漫画をどう書くかとか、入稿までの流れだとかそういうものが全く分からない上に知人で本を出している人もいないので、トラブルがあった際の対処などで頼れる人がいない状況で本を出すのはな…という気持ちが勝ってしまいます。そのうえに実家暮らしでバレずに同人活動をする大変さを考えるとやはり私には無理かな、とおもってしまい断念しています。しかし本を出すことと周りの方と仲良くなることを同一に考えてはいけませんよね。仲良くなるためのツールとして同人活動をするのはやはり何か違うような気がします。ご指摘ありがとうございます。

>別にイベントに出なくても〜
『推し会』、とても楽しそうですね。そういうものに憧れもあります。企画しているフォロワーさんもおり、行きたいなと思うのですが私は地方民なのでなかなか参加出来ずにいます。たしかに自分から企画してみるのも良いかもしれません。明るく口にだしている人の方が近寄りやすいですよね。とても参考になります。

とりあえず今まで通りにTwitterに描いたものを上げたり、リプなどで交流を続け、今後心に余裕ができた時には漫画を描き、サークル活動をしてみようと思いました。

お優しい心遣いやアドバイス、どうもありがとうございました。とても読みやすく、的確な指摘にずっとなるほど…と思いながら読んでいました。文章を書くのがとてもお上手なのですね。
ずっと悩んでいたので、聞いてもらえて心が楽になりました。 投稿してよかったです。
私も貴方が楽しく同人活動出来るよう祈っています。

どうもありがとうございました!

ID: 9pcRZezi 8日前

サークル活動したら人間関係が築けるかと言われたらNOだと思います。
実際サークルでイベント参加すると一般以上に時間がなくてろくに喋る時間ないですよ。ですから喋るのも本当に仲良しな人優先になります。
そして最終的に終わった後のアフターで喋る事が主になりますが、そもそもアフターも誘われなかったりしてただ寂しさだけ残る人だって多々います。

人間関係を築きたいとの事ですがTwitterでのリプは所詮140字なので、それだけで親密になるというのは難しいですし。恐らく大抵の人は仲良くなれそうなら次のステップに進みます。
トピ主さんはそれを『イベント参加』だと捉えていますね、それも間違いではないです。しかしそれ以外の道も沢山あります。
イベント以外でオフ会したり、DMで頻繁にやり合うようになったり、LINE交換したり、Skypeやディスコードで画面共有しながらお喋りしたり。
経験則でいえば絵描きならPCに向かって絵を描いてる時間が多いのでSkypeなどで絵を描きながら喋りあう「さぎょいぷ」がおすすめです。
空気にもよりますがずっと喋らなくても割と大丈夫なので誘ってみてはいかがでしょう?
字書きはさぎょいぷ頻度は多くないのでこちらはDMでしっかりした感想を送ってみてはどうでしょうか?意外とそこから弾む話もあると思いますよ

最後にトピ主さんはサークル活動をしていない事で疎外感を感じてらっしゃいますが、他の人はそんなこと思っていないと思いますよ。
むしろ引け目を感じてTwitterでの交流すら控えめになる事の方が余程疎外していく結果になりますので、気をつけて
出来ないものはしょうがないのだから力を抜いて交流していきましょう。頑張って下さい。

ID: KVz5y3nF 8日前

トピ主です。

お話聞いていただきどうもありがとうございます。

>実際サークルでイベント参加すると〜
サークル参加したことがないので憶測で判断していたのですが、一般よりいそがしく喋る時間などないものなのですね。
アフターも、確かに界隈の人みんなで一緒に行くというものでは無いですよね。誘われないということもあると思います。
Twitterに上げられる楽しげな面だけを見ているので、そういうイメージが出来てしまっていました。

>人間関係を築きたいとの事ですが〜
確かに、考えてみるとイベント参加以外でも交流の方法はあるのですね。さぎょいぷ、楽しそうですよね。しかし喋るのが苦手なので面白い話も出来ないし、黙ってしまう可能性が高く、相手にも申し訳ないので手を出せずにいました。

>字書きは~
上のコメントでも書きましたが、好きな字書きさんの小説本の感想は長めに感想を書いてDMしていました。しかし感想の返事を書くのにも労力を使うだろうな、と思って返信不要にして送っていたのでそこから会話が生まれる訳ではありませんでした。気を使いすぎだったのでしょうか。長々と書かれた感想の返事を書くのは大変ではないのでしょうか?私は小説の書き手ではないのでよく分かりません。感動した気持ちは伝えたいですし、でも鬱陶しいなと思われないようにそうしていました。

>トピ主さんはサークル参加していない事で~
そういうものなのでしょうか?
分かりませんが、そうだと思いたいです…

そうですね。出来ないものは出来ないですね。
いろいろと考えたのですが、やはり私にはオンでの活動の方が合っている気がします。作品を上げて直ぐに反応を見ることができますし、それが楽しくて活動を始めた部分もあるので。
今までやってきたようにフォロワーさんたちと程々の距離を保ちながらオンでゆるく創作をしていきたいと思います。心に余裕が出来た時にはサークル活動も考えたいと思いました。

アドバイスありがとうございました。自分一人で悶々と考えているだけでは出てこない考えを教えていただけて助かりました。参考にしたいと思います。

どうもありがとうございました!

ID: zeY6bUrk 3日前

私もオン専で、同じような気持ちをずっと抱えてきました。
輪に入るためにサークル参加したらいいのでは…というのは私も考えたことがあります。でも漫画を描くのは苦手だし、かといってイラスト本で手に取ってもらえるほど画力はないし、一体何を本にしたらいいんだ…と。
でもオフ活動はお金もかかるし、本を作りたいわけでもないのに作るなんて本末転倒、と思い直してやめましたが、お気持ちはとてもわかります。

Twitterは、作品を通して気の合う人と交流するより、オフ会などで顔を合わせる人のやりとりが目立ってしまうので、一部の人がジャンルの空気の主導権を握ってしまうような気がします。トピ主さんはその空気感に振り回されている状態ではないでしょうか。
イラストを書くのは好きとのことなので、Twitterとは別の世界も持ってみるといいかもしれません。pixivやポイピクにも投稿してみてはどうでしょうか?
Twitterほど反応はないかもしれないですが、作品の公開と閲覧がメインの所なので、アフターやオフ会の写真は見ないですみます。たまに自ジャンル以外でも、絵柄を気に入ってフォローやブクマしてくれる人がいたりするので、少し自信が持てたり疎外感が和らぐかもしれません。
トピ主さんが求めている回答ではないかもしれませんが、Twitterが全てではないと思えたら、気が楽になるのではないかと思いました。

ちなみにですが、アフターやオフ会があまり楽しくなかった時でも、マナーや気遣いとして写真を上げなくてはならないので、気疲れするという話も聞いたことがあります。
それと感想をいただけるのはとても嬉しいものなので、トピ主さんはご本人が思っているよりもジャンル内の方々に認識されていると思います。今まで気づかいで「返信不要」と書いていたのでしたら、今後は書かないでみてはどうでしょうか?
返信は期待するものではないですが、もしかしたら返信を書きたい人もいるかもしれないので…。
話がまとまりませんが、応援したいと思ったので気持ちだけでも伝われば幸いです。

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。

こちらの投稿もおすすめ