ID: HnGWU1XS20日前

Twitterやpixivでの宣伝では一切見たことなかったけど、...

Twitterやpixivでの宣伝では一切見たことなかったけど、イベント会場で初めて見て買った作品ってありますか?また、その作品のどういうところに惹かれて手に取りましたか?

ポスターが目立ってたとか、帯のキャッチコピーに惹かれたのでとかそういうのを聞きたいです。設営の参考にしたいので、よろしくお願いします。

みんなのコメント

ID: U8SCnyVc 20日前

サークル参加側なので参考にならないかもしれませんが、30年前に流行っていた作品で活動しています。(小説サークルです)
ポスターに大きく(フォントサイズ72)ジャンル名を書くと、当日スペースの前を通った方が「懐かしい!」と言って手にとることがあります。

あと、別ジャンルですが、フリー素材を使って表紙を作ったところ、表紙が気に入って買われたこともあります。

逆に、効果をあまり感じないのは帯です。
スペースの前を通る一瞬で読む人はほとんどいませんし、足を止めていただいたあと、口頭で説明するのであまり意味ないかな、と思っています。

ただ、私はマイナージャンルの小説サークルです。メジャージャンルのマンガサークルさんだとまた事情が違うかと思います。

ID: HcqMs8rD 20日前

サークル参加側です。
イベント中、会場をふらふらっとして島中サークルを巡るのが趣味です。
男性向け、女性向けどちらも巡ります。
落書きイラスト本、漫画同人誌、評論コピー本まで幅広く買ってるつもりですが、小説は買うことありません。

男性向けサークルを巡るときは、まず「ポスター」を見ます。
絵柄やサークルの傾向がすぐ分かるので、ビビッと来たサークルさんの本を読ませて貰ったりします。
ジャンルにもよりますが、ポスターを出してないサークルはあまり見ないことが多いです。

考察・評論系サークルはポスター出してないとこが多いので、そこは卓上頒布物を見て判断しています。

女性向けサークルはポスターを出してるところが少ない、撤収が早いため
午後の人が減ってきた時間帯に残っているサークルの卓上を見て巡っています。
ポスターを出しているサークルがあれば、そこを優先的に覗くことが多いです。

個人的にですが、ポスターの有無は自信の有無だと思っています。
またポスターがある=サークル慣れしてる=同人歴も現れると思っているため、ポスターがないサークルの本はあまり買いません。
(それでもたまに、ポスターなし初参加サークルのコピー本とかも買いますが)

イベント規模にもよりますが、島中を巡るのは結構たいへんだったりするのでポスターでチャチャッと判断したいという巡る側の都合もあります。

小さなオンリーイベントでも最初はこのポスター有無で大きく判断しますが、結局は卓上頒布物で判断します。

買うと決めた本があれば、新刊・既刊関係なく買うことが多いです。
既刊だけ買おうと決めたら新刊があっても既刊だけ買います。
続き物シリーズであれば気に入った巻だけを買います。

ID: v04sreTR 20日前

宣伝を一切見ずに買うこと、沢山ありますよ~!
買い専時代はTwitterはせず、pixivもろくに見ず、机の上のポスターもろくチェックせずに推しが受けの島を基本絨毯爆撃していました。ただその時は画力が高い、独創的な作風の作家さんが多いジャンルだったのでそうしてたのかもしれません。

主にTwitterで二次創作するようになった今は、交流相手の本をメインに買い、会場を流し見して推しが出てない本を買うこともあります。
思い返してみると、表紙に作風や作品内容が強く反映されている本には興味が湧いて手が伸びることが多かったです。キャラの顔どーん!とかただのバストアップでは買うことはありません。
画力はそこそこでも個性的な絵柄の本も買いがちです。
あとマイナーなキャラの本がひたすら並んでるスペースからは好きという気持ちが伝わって来て、興味が引かれてお試しで買い、それ以降もチェックするようになったこともあります。

私はポスターや帯きっかけで買うことはありません。事前にチェック済のサークルさんをポスターで見落とさずにすんだ、スムーズに見つけられたということはありますが…。
あとこのサークルさん気になる!とりあえずお試しで1冊買いたい!という時はポップや帯の内容紹介を読んで、中身をチェックしてから買います。あと値段が安いものを…笑
ページ数が多いなど1000円近い本しかない時は、興味があってもまずはpixivで見てみるか~(そして忘れる)とスルーしちゃうことが…。

ここまで書いて気づいたのですが、私自身が特殊性癖持ちということもあってか、個性的で一貫性のある作風であることをアピール出来ているサークルに惹かれるみたいです…すみません参考にならなくて…

ID: UA8kmgPe 20日前

昔、創作イベントで委託コーナーの中で目に入った本を3冊買いました。イベント前の下調べも一切せずふらっと行ったイベントだったのでなんとなく(買う気もあまりなかった中で)なんだか目についたという感じで。
そうしたら、その本を描いた人は皆プロになりました。うち2人は今もかなり人気があります。

少しずれたコメントかもしれませんが、パワーがあるというのはあるんだなと思ったことを思い出したので書かせていただきました。

ID: v1NpdPIk 19日前

女性向けジャンルの一般参加側の意見から失礼します。
当時旬だったジャンルで、一般参加ですら慣れてないゆえに午後の人が少なくなり始めた時間から参加したことがあります。
大手はその時間帯にはとっくに撤収しているか、『完売』の札を掲げているサークルもちらほら。では、pixivやtwitterの宣伝を一切見ない状態でなにを基準に本を買うか。

まずは、島中だろうが推しCPの島を巡ります。あとはオールキャラ描いてるサークルも巡ります。
漫画の場合は、絵柄が気になったらさらっと立ち読みして少しでも萌えれば大抵購入します。
また、『この作品の自分のキャラクターの解釈はこんな感じ』といった紹介がキャラのイラストの横に書かれているポップを見た時は面白いと思って購入しました。
小説の場合ですが、絵柄に惹かれる、または小説の内容の雰囲気が分かるキャラクターのイラスト表紙の場合に所謂『ジャケ買い』をすることがあります。フリー素材を使ったであろう表紙のものは今のところ買ったことがないですが、内容が読み取れるデザイン表紙があったら今後買うかもしれません。
それに加えて、『内容が一目でわかるタイトル』がいい感じに目立つようにつけられてるものです。所謂なろう系でよく見られるものです。

ただ、ジャンルの雰囲気によっては上記の通りにはいかないかもしれません。また本を買う基準がもう少し厳しい方もいらっしゃるかもしれません。
あくまで私の場合は、という話で受け流して頂ければと思います。

ID: TzxDYBEe 19日前

ジャケ買いみたいな感覚で探したり購入したりすることはあります。
丁寧感、適価、ネタに共感、自分の創作へ刺激や参考がありそう、などで割と決まります。

ID: m60QLqyo 19日前

自分はお目当てを購入したあとは必ず会場をうろうろして気になったものを購入するタイプです。コミケではよくわかっていないジャンルとかも買ってしまいます。絵柄、装丁、値段、ぱっと見内容のわかりやすさ、ディスプレイが目を引くと立ち止まってしまいますね。
やはりポスターは必須です。遠くからでもどんな内容かわかるのでつい近づいちゃいます。歩きながら物色する場合は、気になるものを発見したら一瞬立ち止まるか通り過ぎるか迷うんですが、その時にすかさず声をかけられたら確実に立ち止まります。今は難しいかもしれませんが「よかったら見ていってください」みたいな感じで。
小説や評論であればあらすじや傾向を説明していただけると助かります。
声かけが苦手だというなら大きい文字であらすじが書いてあると遠巻きに好みかどうか物色できるので嬉しいです。でも物色するだけなので買う可能性は少ないです。
価格設定が400円くらいならとりあえず買ってみようかなとお財布を出します。コピーでも既刊でもいいので安い本が1種類あると、コーヒー1杯飲んだ気分で購入します。その本が良かったら次回以降リピーターになります。初見のサークルに1000円は出せないです。できればいろんなサークルの本を1冊ずつ買って今後お目当てになるかもしれない作家を見つけるのもイベントの醍醐味なのでなるべく安く薄い本をたくさん買いたいです。分厚いと持って帰るのも重いし……。
その他、ディスプレイにそのサークルや新刊の世界観が出ていると気になって近付きます。装丁がすごく凝っていたりするのもつい買ってしまいます。そして財布にお金がなくなるまで買い続けてしまうのです。イベントの一期一会は楽しいですよね。人との出会いもそうですが、いろんな本との出会いは本当に楽しいです。

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。

こちらの投稿もおすすめ