ID: TLPZxHuY7日前

今更か!と言われるのは覚悟の上なんですが、本当にこれで悩んでるの...

今更か!と言われるのは覚悟の上なんですが、本当にこれで悩んでるので投稿します。

仕事終わって帰ってきて家事やってご飯作ってご飯食べたら横になりたくなってそのまま爆睡してしまいます!!休日はなんとかがんばれるんですが、平日は絶望的です……ツイッター気になるどころか、ポンポンと神作を投稿しまくってる人のツイートが流れてきてうんざりしてしまうので見ないようになってしまいました。
どうやって時間ひねりだしてるんでしょうか……帰宅してご飯食べた後、すごい眠くなりませんか?
くだらない内容かもしれませんが回答お願いします。

みんなのコメント

ID: 1mTrkAKh 7日前

■「仕事などをと並行しながら創作をこなす体力をつけておおたほうがいい」
https://cremu.jp/topics/505
過去トピでも何度か回答していますが「パフォーマンス三角形」という考え方を知って下さい。

能力は気力、気力は体力の上に乗っているため、
体力がなければ気力が出ず、そのため能力・パフォーマンスが発揮されない。
体力が減れば減るほど能力は落ち、能力を出すには体力を付けねばならない、というものです。

仕事から帰るとやる気が起きずにダラダラしてしまう。
疲れてすぐ寝てしまう、休日は体を休めたら終わっている。
やりたいことができずにイライラばかりが募ってストレスになる。

考えてみれば、若い頃に比べて圧倒的に運動をしていない、体を動かしていないんじゃないでしょうか。
残酷なことですが、これらは体力の衰えから来ているものです。
言ってしまえば「もう若くない」んです。
いつまでも若いつもりでいる人ほどこの事実に気が付かない、あるいは気が付かないふりをしてしまう。

特に創作活動に打ち込むタイプの人はインドア派で、体を動かす習慣がない人が多いです。
また昨今はコロナ化で、唯一の運動だった「通勤」すらなくなった人も増えたのではないでしょうか。
家でも出来るストレッチや筋トレから、散歩や公園での体操など、気分転換も兼ねて体を動かす習慣を日常に加えてみて下さい。
すぐに効果が出るものでもないですが、まずは2週間、そして1~2ヶ月と続けてみて下さい。

私はネタ出しや妄想をしながら散歩をするのが好きです。
少し遠目の散歩に行くときはランニングにしたり、短距離ダッシュで疲れたらまた歩いたり。
電車で1駅前で降りて1駅分歩いたり、バスで帰らずに歩いたり。

ガッツリとジムに通ったり、水泳プール通いも良いと思います。
運動はやろうやろうと思ってもしなかったりしますから、
お金を払うことで「行かなきゃ」という気になり体を動かす理由付けになったりもします。

Small small small 20180507 203454 00000001
ID: 1mTrkAKh 7日前

追記です。

仕事から帰ったら体だけでなく頭も疲れています。
そのため、私は仕事に慣れるまでは「朝活」をしていた時期があります。

仕事から帰ってきたらサッサと寝る。
それこそ帰宅即シャワー、夕飯食べて栄養ドリンクを飲んだら20~22時には寝てました。
で、4~5時に起きてスッキリしている時にネタ出しや創作活動をして出勤していました。
特に、朝シャワーを浴びている時はネタがポンポン出てきて驚いたほどです。

ただこの方法だと夜のゴールデンタイム起きていないので、
テレビやネットの話題にリアルタイムで乗れないなどのデメリットがありました。
友人と通話をしたりゲームをしたりも出来ません。
ワンドロが流行っていた時期だったので、そういうイベントに参加できず。
そういった寂しさと、また仕事にも慣れ頭の疲労もさほど感じなくなり、朝活はしなくなりましたが。

前コメントで体の体力の話をしましたが、
頭脳労働が多いIT業界などは頭の疲労のせいで創作活動が思うようにできなくなる事例もあります。

他コメントの方も言っていますが、会社の休憩時間での昼寝はかなり効果的です。
私は帰宅中の電車内で仮眠を取るようにしています。
そのために適度な乗車時間、かつ乗り過ごさないよう行き先・終着にもなるターミナル駅に住んでいます。
たとえ寝すぎてもありがたいことに駅員さんが起こしてくれます。
(駅員さんからしたらいい迷惑でしょうが)
ターミナル駅は始発駅になったりもするので、電車通勤では便利でオススメです。
その代わりに家賃が高めというのはありますが。

ただ朝活や仮眠、多相睡眠は体のサイクルを崩しやすくもします。
自分は朝の通勤時間30分仮眠、昼休憩に30分昼寝、帰りの通勤時間30分仮眠、夜の本眠3~4時間という感じの多相睡眠な生活を3ヶ月ほどしていましたが、頭は休まっても体が休まらないという感じで、合いませんでした。
朝活は止め、仮眠と昼寝はそのままに本眠は5~6時間程度ちゃんと取るようにしました。
慣れるまでも大変ですし、合わないと思ったら一般的な一層睡眠に戻された方が良いとは思いますが、
良ければ試してみて下さい。

ID: WGQc5pLk 7日前

とっってもわかります!!
わたしはご飯食べたらどころか、帰宅したら既に眠いです。一日中眠い日もあります。
平日でもタイムラインに流れてくるイラストを見て「みんないつ描いてるの? いつ寝てるの? 寝てないの??」と思う日々です。
体力がなくて睡眠の質が悪いのが原因だと思っているので、前の方の回答、耳が痛いです……。

わたしなりに工夫して少しだけ克服したので、2点ほど書いておきます。

・帰宅後の行動の順番を変える
「目が覚める行動」のあとに作業をし、「眠くなる行動」は最後にする。
わたしの場合、入浴後はちょっと目が覚めていて、夕食後の片付けを済ませると「これで寝ても良い!」という安心感から眠気が増します。なので、とにかく頑張って風呂に入り、目が覚めた状態ですぐ取り掛かります。家事は後回しにして、就寝したい時刻から家事にかかる時間を逆算して作業を切り上げます。
トピ主さんの場合、食べたら眠くなるとのことなので、食事を遅くするとお腹が空くとか健康面体重面で気になるとか、別の問題が出てくると思います。なので、次に書くような食事内容の改善も考えてみると良いかもしれませんね。

・食事内容を見直す(もう実践されてたらすみません)
炭水化物をお腹いっぱい食べると、眠くなります。
そのため食後の眠気を抑えたいときには、ご飯やパン類や麺類を控えると良いです。
多分そうすると満足感が損なわれるので、その分よく噛んで食べてみてください。しっかり噛むと少ない量で満足感を得られますし、消化しやすいので胃にかかる負担も減り、食後の眠気も減ります。
ついでに言うと、炭水化物を減らしてよく噛むことは、ダイエットにも効果的です!笑

わたしは行動の順番を変えることで平日の作業時間がほぼゼロだったのが30〜40分は捻出できるようになり、昼食の内容を変えることで食後の眠気を抑えられて午後の仕事がだいぶ捗るようになりました。

とは言っても、家事の時間の変更も食事内容の工夫も、わたしが一人暮らしだから実践できることです。トピ主さんにはトピ主さんの家庭での時間の使い方があると思いますので、参考程度になさってください。

他にもトピ主さんがカフェインに強い体質であれば、仮眠の前にコーヒーを飲むとか。(わたしは夜飲むと寝つきが悪くなるので夜は飲みません。休みの日に昼間仮眠するときに飲みます)
原稿とか記念日合わせのイラストのような締切があるものは平日に作業できないことを前提に取り組むとか。
ちょっと元気な日に調子乗って夜更かしすると翌日必ず皺寄せがくるので、まだ起きてられる! っていう日でもちゃんと寝るとか。

全部完璧にするのは難しいですが、色々試してみると良いと思います! トピ主さんの楽しい創作の一助となれば幸いです。

ID: 6r2fAcxa 7日前

眠くなりますね〜、ものすごく眠くなります...
上の方が回答している通り、体力的な要素はかなり大きいと思います。私はコロナ以前まではジムでがっつり運動していたのですが、コロナ以後退会してしまい、体力の低下とともに創作意力も段々落ちてきてしまいました。
運動以外の改善方法としては、夜は早く寝て朝型にする(睡眠の質を上げる)、夜ご飯を軽めにしてお腹いっぱいにならないようにする、という方法を私は試しました。後者は体力が落ちかねないのであまりオススメはできませんが「今日は絶対作業したい!」って日は帰宅後シャワーだけ浴びたら何かつまみながら作業してます。

ID: wGiyzo07 7日前

朝型にシフトしてから時間が取れるようになりました。10時に寝て4時に起きて2時間書いて支度みたいな感じです。合う合わないがあると思いますが…。
私は寝付きが悪いのが悩みだったんですが、軽減されました。多分寝る前に原稿をやると神経が興奮してしまって寝られなかったんだと思います。一度きちんと寝ると仕事のことや家のことをリセットできるし、朝型おすすめします。

ID: LdAojKZx 7日前

私も夜は子供の面倒とかあるし、クタクタです
だから朝活をしています
最初は少し辛いですが、慣れると楽しいですよ

ID: 0YM3V4Ey 5日前

女性にありがちですが、慢性的に鉄分不足だと常に疲れている、寝れない、起きれない、だるい、眠い、の症状に見舞われやすいです。サプリとか食事に気を使ってみてはいかがでしょう。
また、食べたあと眠くなる方は、食べ過ぎかもしれません。満腹になれば誰でも眠くなります。
八分目を心がけて創作時間を捻出しましょう!

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。

こちらの投稿もおすすめ