ID: VR7O9o6E11日前

ゲスト原稿と合同誌について。 もし自分が依頼されるとしたら...

ゲスト原稿と合同誌について。

もし自分が依頼されるとしたらどちらの方がやりやすいでしょうか。

今までゲストをお願いすることが多かったのですが、知人に頒布した売上(便宜上そう表現させていただきます)を渡したくないように思えてゲストばかり頼んでいる人は擦りよりや自分の本を広めたいための行動に思えてあまりいい気分ではないと言われてしまったので
不安になってしまいました。

個人的な見解として

ゲスト…10pはいかない。印刷費用など諸々に関してはサークル主が負担。
ゲスト側には、献本やお礼(お菓子など。ギフト券などをつけることもあり)

合同誌…諸経費(売上も含む)などは折半。ページ数は、出す本の半分以上。

と考えており、お願いするときに相手方にどちらがいいですかとの確認はきちんとしているつもりです。

みんなのコメント

ID: urMvOaKZ 10日前

個人的にはどちらでも問題なく引き受けられる条件だと思います。

ID: nXstNkEZ 10日前

相手によりますね。合同ならよほど仲が良くなおかつ売上が見込めるもしくは無くても問題ないくらいの仲でないと後々難しいですね
ゲストもゲストの人の実力によるでしょう。
合同相手やゲストが明らかにじぶんより

ID: gVS1i2u0 9日前

コメント書いてる間に、漫画と小説でも違うかと思いました。
トピ主さんのは小説でしょうか?(なんとなく、ページ数的にそう思いました。)

私個人の話として、漫画同人誌の話になりますが
ゲスト枠は1冊の中で4P以内、主にページの穴埋め的役割として依頼先には一人1~2Pで依頼しています。
例えば16ページで漫画を描いていると、後書きを入れるためにはあと3ページ必要…なんてことがままあります。
その3ページを埋めるために、Aさんに1P、Bさんに1P、自分でラクガキ1Pを描いて穴埋めする。
この程度の依頼を「ゲスト」と考えています。

漫画の合同になるとだいたい8ページ以上の内容でお願いすることになり、
依頼内容として執筆期間もかなりガッツリお願いすることになります。
個人的には、これはかなり負担だと思っています。
場合によっては合同ではなく、それぞれ個人で本を出したほうが良い、なんてこともあります。
特に、自身でもサークル活動している人に合同を持ちかけるのはよほど懇意でない限りはしません。
お金の話も絡んできますから、ネットの繋がりだけの人だと不安があるのもありますし。

そのため、私は依頼をする時も、される時も「ゲスト」の方が気楽だと思っています。
本一冊を作る時間はないけど、同人誌に関わりたいと思っている社会人の知人とかはよくゲストに誘っています。
逆に、本を作りたいけどやったことがないから誰かのとこに相乗りしたいと思ってる人とかは合同寄りに向いてるのかもな、と思います。
ただそういう人は原稿の仕様も分かってない人も多いので、トラブルの元にもなりますが…

ただ合同は「一緒に作っている」という楽しみもありますからね。
相手とそういった楽しみを共有したいと互いに思っているならば合同も楽しいと思います。

ただ個人的には、合同はガッツリすぎるのでゲストの方が受けやすい印象です。
小説界隈だと、その辺の考え方も違ってくるんですかね。

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。

こちらの投稿もおすすめ