ID: yl9AMCZE11日前

私は一年ほど前にTwitterを凍結された同人作家(ジャンルは男...

私は一年ほど前にTwitterを凍結された同人作家(ジャンルは男性向け女性向け並行して活動している雑多)です。

垢復活を諦めて支部やマストドンなどで活動場所を統一していますが、Twitterをやっていないからなのかイマイチ人がスペースに来る気配が無いです。(Twitterをやっていた時の方が多かった気もします。)

やはりスペースに人を呼ぶ以上、Twitterは必須アイテムであり、Twitterをやっていない作家はそのまま消えなければいけないのでしょうか。
それとも、自分の発行するものに来てもらうほどの魅力がないからなのでしょうか。

1

みんなのコメント

ID: kAUng4Iw 11日前

はっきり言ってしまえば今の時代はツイッターでの宣伝がかなり重要だと思う
同じ趣向のサークルをフォローとリツイートし合って自分の存在を認知させるのがセオリーの流れ
買い専も買い専で、今は余程熱心でなければ自分からサイトや支部を探しにいくことはかなり減ってる
(言い方悪いけど、ツイッターで何人かフォローした後は口あけて待つ状態が多い)
いくら魅力的な作品でも認知されてなければいないのと同じだからね
ツイッター以外にも宣伝方法がある・コツコツファンを獲得していくと割り切る、というのであればツイッターに拘る必要はないと思う
逆に、大手になりたいとかスペースを人でいっぱいにしたいとか考えているならツイッターでの活動(営業)はほぼ必須なんじゃないかなー

主題からちょっとズレるけどツイッターやめちゃったのは凍結されたから?
(復活諦めて…と書いてあったので)
呟くかどうかは置いといて、凍結のままだったら解除はしておいたほうがいいんじゃないかな
もうすでに解除済みだったらお節介ごめん

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。