ID: bLqerQzO9ヶ月前

現ジャンルを嫌いになりたくない、でもそろそろ卒業してしまいそう…...

現ジャンルを嫌いになりたくない、でもそろそろ卒業してしまいそう…という話を聞いてください。

現ジャンルにはまって以来、色々な事がありました。
自分の二次創作に熱烈な感想が来て感動したこともありましたし、逆に解釈違いでブロられたり、日常語りやグチをこぼしてしまった結果リムられたりして凹んだこともありました。同ジャンルの大手が同担から攻撃を受けてアカウントを消す所を臍を嚙む思いで見ていたこともありますし、公式が下手を打って界隈がハチの巣をつついたようになる所も見てきました。このジャンルにハマってから、本当に色々な事がありました。
…そして、気が付けばちょっと疲れてしまった自分がいます。

何かあるたびにフォロワーが増えたり減ったりするのにも疲れたし、微妙に考えが合わない事が分かってしまった相互フォロワーの目を恐れてポジティブな発言しかしなくなった自分にも疲れたし、ジャンル全体のピークが過ぎてしまって、これからは斜陽になっていく雰囲気をなんとなく感じ取って、それにも疲れを感じています。
まだ嫌いになりたくないし、応援したい気持ちはあるんです。ですがちょうどオフ友が同ジャンルから完全に引退してしまった事で、一気にこちらの気持ちも萎えてしまいました。

過去にもジャンル卒業の経験はあるのですが…皆さんのジャンル卒業のきっかけを教えて頂けないでしょうか?
自分としてはまだ卒業したくないのですが、かなり気持ちの離れを感じています…。

みんなのコメント

ID: aYMjKer0 9ヶ月前

お気持ち分かります〜...よく耐えてこられましたね...。斜陽になってむしろ居心地良くなることもあるかもしれません、上手く落ち着きますように。

ジャンル卒業のきっかけですが、私は腐界をうろうろしてまして、半年ほど前にジャンルを移動しました。界隈と解釈が合わなくなってきたのが始まりで、公式というか原作者もそのような雰囲気を出してきたというのが致命傷になりました。

覇権ジャンルでしたので、もちろん私と同じ解釈派の人間もたくさんいましたが、公式は神様なので泣き寝入りでした。公式と解釈違いを感じたら離れるしかない、そう判断してジャンルを嫌いになろうと、アンチスレばかり眺めていました。今でもアンチスレはガンガン回っています。

なかなか卒業できず毎日辛く仕事も手につきませんでしたが、偶然見かけた、名前しか知らないジャンルの作品に急にピンときて無事移動することができました。規模は十分の一くらいになりましたが、界隈とも公式とも解釈が合うので心安らかに活動できています。

自分語りになってしまい恥ずかしいのですが、卒業したいのに卒業できずかなり苦しんでいた点、主様とは真逆だなあと思います。好きなものを目一杯楽しめる環境が早く整うことをお祈りしています。

ID: tHnR4Zk2 9ヶ月前

合同サークルで同人を出した際、本の作成から参加までの間でマウントを取られ作品共々創作活動も萎えてしまった時と、トピ主さんと少し似ているように周囲の人の過激さや意見の合わなさで諦めてジャンルから出て行った時があります。

前述の時は、当時のジャンルとは別にハマりかけていたジャンルに移行したのでそこまでダメージは大きくなかったのですが…後述の方は当分そのジャンルをほぼ風前の灯火くらいの気持ちで1〜2年推していました。

周りの意見に合わせなきゃいけないのは本当にしんどいですし、親しい人が移動されるとなんかもういいや…ってなってしまうの、わかります…折角楽しみたい趣味が楽しめませんよね

トピ主さんはまだ推したい気持ちが少しはある、との事なのでトピ主さんの現行ジャンルを完全に引退するのではなく、少し距離を置いて細々と続けながら、違うジャンルのものを色々見てみるのはどうでしょうか…?

再放送を見たり、前から気になってたものを見たりしつつ、トピ主さんの現行ジャンルをゆっくり推す…
色々見た中でハマるものがあれば推せますし、今のジャンルの方がいいなぁって思えば戻れますし…一度抜けたジャンルに戻るのって、個人的になかなか大変だなって思うので…

それか、もしかしたら既にやってらっしゃるかもしれないのですが、自分の考えと似ている人を探してその人達とゆっくり推していくのも手かと思います。

うまく受け答えできてなかったらごめんなさい、トピ主さんの心が少しでも休まることをお祈りしております。

ID: BA5bEWaD 9ヶ月前

コメント下さった方、優しいコメントありがとうございます。
勝手な事を言うようですが、あれだけ好きだったものから「気持ちが離れた」と気づくのは辛いものですね。
第三者目線で考えれば「そりゃ何年か同じジャンルを追いかけていれば飽きる日も来るよね」と思うのですが、気持ちが盛り上がっている時は一生このジャンルと添い遂げる!くらいに思っておりました。
既に現ジャンルで使用していたアカウントを跡地として別天地に旅立った方も多く、おかしな話ですが「自分の気持ちだけが離れたわけではない」という事が慰めになっています。でも、その方々が離れた時は「自分が最後のひとりになっちゃうかも?」なんて思っていたんですよね…。我ながら、気持ちというのは本当に変わるものです。

このまま離れてしまうか、また再燃するかは分かりませんが、ジャンルに砂かけだけはしないように、うかつなネガティブ発言には気をつけていきたいと思います。
匿名の相談所があるというのは良いものですね。

こちらの投稿もおすすめ