ID: Yv3EyBHn3ヶ月前

みなさんのご意見を聞かせてください ピクシブに作品をアップ...

みなさんのご意見を聞かせてください

ピクシブに作品をアップしている文字書きです
先日ある人から
物足りなさを感じたから心理描写をもっと書いてください
そういうのを読むのも楽しみの一つだと思うのです
作風は気に入ったからまた読みます
と言うメッセージをいただきました
正直上から目線で、なんだこの人は?と思いました
そしてそう言われたことを簡単にツイートしたら、その人が引用リツイートで
私は提案をしただけなのに!
と反論してきました
いや、あれは提案じゃない、要求だと私は思います
みなさんはどう思いますか?
客観的なご意見が聞きたいです

みんなのコメント

ID: gKui25hZ 3ヶ月前

提案か要求かと問うならば、私には要求に感じますねえ。
(トピ主さんの書かれてるお相手からのメッセージが原文のままだとした場合)

まあ腹立たしいのもわかりますが、そういうメッセージからはご自身が必要な部分だけ、欲しい部分だけを受け取って残りは軽くポイッとできるようになるのも人前に作品を出す者として必要なスキルかもしれませんよ。
そんなんに真正面からぶつかり合ってもお互い消耗するだけで得することはないです。受けるストレスは意識して減らすことをオススメします。

ID: fJsUZSN4 3ヶ月前

うわあ…普通に引きますね。失礼ですよその人!
スルーでもいいですが、私だったら
「わたしはあなたの為に小説を書いているわけじゃないので、わたしがあれで完成と思えば完成なのです。あなたに強いこだわりがあるのであればご自身で納得のいく創作をしてください」
って言ってしまうかもしれません

ID: bRjEWheT 3ヶ月前

元の文章がどんな感じだったかは分かりませんが、ほとんどの人は文章で思ったことを上手に書く事が苦手です……。
その文章の方の肩を持つようで恐縮なのですが、おそらくその人はそういう感想しか書けない人で、自分では好意的な感想を送ったつもりだったのでしょう。それがはねつけられた、と感じたから引用までして反論してきたのでしょうね。

例えばですが
「トピ主さんの作風が大好きです!淡々とした状況描写に繊細な美しさを感じます。でも、たまにキャラの内面が分からない事もあって、自分の想像力が足りないのかな…とも思うのですが、〇〇の内面がもっと分かる作品が今後読めたら嬉しいなと思いました。これからも応援しています!」
こんな感じだったらいかがでしょうか。やっぱりイラッとします?

ID: Tf6Yklbt 3ヶ月前

まず「相手に寄り添った提案」か「自分の欲求を通したいだけの要求」かという話ですが、私はそれ以前の問題だと捉えます。
また、そういった感想・意見に対するトピ主さんの対応もちょっとまずっているのではないかな、と。
 
提案・要求じみたコメントを送る方も送る方だし、それに否定的に反応してしまったトピ主さんもトピ主さんだな、という印象です。
 
1:良かれと思ったアドバイスと求めていないアドバイス
『アドバイス・ハラスメント』、某氏の言う『アドバイス罪』という考え方があります。
特に求めているわけでもないのに「アドバイス」してくることを皮肉ってそう名付けたそうですが。

例として、
「リポDでも買ってこようかな」
「モンエナの方がコスパ良いですよ!」

「今日は疲れたなー、風呂は明日で良いや」
「疲れた日にはちゃんとお風呂に入るべきです!」

「今日は△△ちゃんを描こうと思います!」
「えー、○○ちゃんの方が人気ありますよー」

「うるせー!」と言いたくなるヤツです。

「栄養剤でなにかオススメありますか?」とか「急募:疲労回復の方法」とか「この作品の中で私が一番描きやすそうなキャラいますかね?」とか、求めているときであればこれらの意見も通用するわけですが、なぜか求めてもいないのに「アドバイス」してくる人というのは、います。

この場合、△△ちゃんを推している人が単に△△ちゃんが見たいための「自身の要求」として発しているのか、募集主の画風や画力を鑑みた上で映えるキャラとして「相手に沿った提案」をしているのかでまたアドバイスの価値というのは変わってくるわけですが。
この辺が今回トピ主さんが焦点にしたいと思った箇所でしょうか。
「トピ主さんの作品は文体も整っているし、後は心理描写がもう少し増えれば全体のバランスも良くなる」と寄り添った提案的な意見だったかも知れません。
「私は心理描写が好きだから、このトピ主さんの文体でもっと心理描写を読ませてほしい」という要求的な意見だったのかも知れません。
仔細が分からない以上、該当の感想コメントが要求だったのか提案だったのかをここで断じるのは難しいと思いますし、先に述べたようにそれ以前の問題であるかなと感じます。

この手のアドバイス的な感想を送られたとのことで「うるせー!」と言いたくなったのだと思います。
けどよほど「我が道を行く」「我を通す」ことが出来ないのであれば、こういった自分には不要であるアドバイス的な意見や感想であっても「ありがとうございます」と表面上だけでも受け止めたように回答するのが穏便なやり方です。

ましてや今回はトピ主さんが「晒し」という行為を取ってしまったのもあり、水面下で収められたものが可視化されてしまったわけですし…
グッと堪えるのも大人な対応です。
 
 
2:聞いておけばよかった忠告にしないために
日常会話の中でも、この「アドバイス・ハラスメント」いくらでもあります。

「この作品○○面白くてめっちゃオススメ、見てみてよ!」
「まだ飲むの?ほどほどにしときなって」

けど、これらもすべて「アドバイス・ハラスメント」かと言えば、そうではありません。
加えて「求めていないアドバイス」がすべて罪かと言えば、そうでもありません。
本人が忠告やアドバイスで指摘されるまで気づかないパターンというのも存在するからです。

私の友人には「絵を描くのは下手だけど、絵に対する審美眼や批評は的確」な人がいました。
私自身、自分の描く絵に自信を持っている時期というのがあり、その時分に「もっとこうした方が良いかもよ」というその人の意見というのを聞いても「下手なのに、なに上から目線で言ってんだ」とまったく説得力を感じなかった経験があります。

確かに、その道のプロの意見と素人の意見ではまったく信用度は違います。
プロの言うことを「上から目線」とは感じませんが、素人がごちゃごちゃ言うことには「上から目線」と反発したくなります。
これが意見の「信用度」です。

しかし「プロになれなくても評論家や解説にはなれる」の言葉に現せられるように、批評というスタンスで述べられた意見もまた有意義なものだな、と私は後になって感じられるようになりました。
最初は反発していた友人の意見も、絵柄の流行りだったり絵のタッチだったりをしっかり加味したものだと理解し、それ以降は納得できるものに変わっていきました。

結局は、他人の意見を聞いた上で、それをどう活かすかコロすかは自分次第ということです。

でないと後から「あの時、ちゃんと聞いておけば良かった」と後悔し「だから言ったじゃん」ともなるわけです。
人からのアドバイスや忠告を素直に聞けること、というのも大切なことの1つかな、と。
 
 
トピ主さんの論点からもズレた回答ですし、老婆心から長々と書かせて頂きました。
どう捉えるかもトピ主さん次第ですし、飽くまで匿名ユーザーのいち意見。
「私の生き方には合わない」のであればアドバイスとして聞く必要はありません。
以上、長文失礼しました。

こちらの投稿もおすすめ