ID: v1ma4uhq約1ヶ月前

pixivで二次創作の小説を投稿しています。 閲覧を増やすには...

pixivで二次創作の小説を投稿しています。
閲覧を増やすにはどうしても交流が必要でしょうか。

旬は過ぎたが、人気のあるジャンルの人気CP(仮にAB)と、若干マイナー寄りなCP(仮にCD)を書いてます。
問題はこのABです。
今年の五月になってからpixivで書き始め、それから忙しい仕事の合間を縫って、月1から月2と可能な限り投稿するようにしています。
ですが、ある程度まで行ったところで閲覧がストップしてしまいます。基本R-18のみ書いていて、閲覧500~800程度、ブクマ30~60です。
投稿してから欲が出てしまい、閲覧を増やして、ゆくゆくはサークル参加をしようと目論んでいますが、現状では厳しいと考えてます。

ABより前に、実はCDの方に比重を置いて書いていたのですが
そのCP界隈の人間のツイートが公式に対する愚痴や悪口雑言ばかりになっていったことに嫌気がさして少し気持ちが冷めてしまってます。
現在はCDと同じくらい好きなABに比重を置いて活動しているという次第です。

ここで本題に入るのですが、閲覧を増やすには、やはり交流を積極的にした方がいいでしょうか。
現在、Twitterはやっているのですが、公式と不快な気持ちにならないツイートをする神絵師だけをフォローしている壁打ち状態です。フォロワーは一桁。
何故、交流しないかというと、単純に自分がコミュ障で、人のツイートに影響されて何も呟けなくなってしまうことがあるからです。
けれど、現在、交流皆無の壁打ちだけだと色々と限界が来ているように思えます。
どうすれば自分の作品を読んで貰えるか考える日々です。

もしくは、上手い宣伝方法を知ってる方がいらっしゃったら教えて欲しいです。

吐き出しのような乱文失礼いたしました。

みんなのコメント

ID: TD4ebviF 約1ヶ月前

交流で閲覧数が増えるかと言えば増えるわけですが、せいぜい身長150cmの人が下駄を履いて155cmになる程度だと思った方が良いです。
自分と同じジャンル、カプで活動している100人の作品に感想を送ったとして、同じように自身の作品を見てくれるようになるかと言えば10人いれば良い方です。
何より「営業活動」と思われて毛嫌いされてしまうこともあります。

打算的なことを抜きにして普通の交流を始めたとして、トピ主さんの場合は作品に影響が出てしまう懸念もあるので、それでは本末転倒…
無理に交流するくらいならせずに、別のアプローチを考えて見たほうが良さそうです。

個人的にオススメするのは
・表紙、挿絵イラストを付ける
・キャッチーなタイトルか分かりやすいタイトルを心がける
・タグをしっかり付ける
ですかね。

・表紙、挿絵イラストを付ける
字書きの人に絵を描け、というのは無茶なと思われるかも知れません。
けどこういう影絵風の絵だったら作れそうな気はしませんか?
https://www.google.com/search?q=%E5%BD%B1%E7%B5%B5%20%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%80%E4%BA%BA%E6%B0%97&tbm=isch&tbs=rimg%3ACY-9O2sQZmSZYeZMk1MwWlUm&rlz=1C1CHBD_jaJP903JP903&hl=ja&sa=X&ved=0CAIQrnZqFwoTCIi_tObmrOsCFQAAAAAdAAAAABAM&biw=941&bih=861
某鬼退治モノで一気に知名度が上がった影絵作家さんもいたりします。
トレパクしたりするともちろん問題になるのでそこは避けて欲しいですが、飽くまで「影」なので多少デッサンが狂ったりしてても案外わからないものです。
原作絵などをシルエット、アウトラインだけ模写して、後は塗りつぶすだけ。他の草木や花などもクリスタ素材などでササッと作れます。
動きもリアルな影絵のように関節ごとに角度調節したりするだけでそれっぽくなるのでお手軽です。
pixivだけでなくツイッターにも画像つきで投稿できるため、メディア欄からも辿られやすくなります。
なにより、視覚的な画像のパワーはやはり侮れません。

・キャッチーなタイトルか分かりやすいタイトルを心がける
同人誌のタイトルとかで分かりにくいドイツ語だったり漢字だけの題を付ける人がいます。
例:本気狩我乱怒、グリュックスシュピール
もちろんそれが「カッコいい」という感性を否定したくはありませんが、やはり日本語でパッと見て簡単に判断できる、まさにラノベタイトルのような題の方が引き込みやすいかな、と思います。
これは極端な例ですが、タイトルにちょっと拘ってみるのも入り口を広げる手段かと。

・タグをしっかり付ける
あえて検索避けをする、分かりにくくする、ゾーニングの関係でタグを付けない人は女性オタクに多い特徴です。
わざと分かりにくくしているので、当然探しにくい見つかりにくい。
R-18作品をメインに描いているとのことなのでそれをタグ付きでTwitter投稿するのは憚られるとは思いますが、呼び水用に全年齢向け作品を描いてタグ付きで投稿してみるなどの工夫をしてみては如何でしょうか。

ID: AKVFaREL 約1ヶ月前

コメント、別のアプローチを教えていただきありがとうございます。
交流したとしても、閲覧が増えるのはわずかであること、肝に銘じておきます。

正直、人の作品を読んで感想を書いて回るくらいしか方法を思い付くことが出来なかったので、無理に交流せずに済む方法を教えていただき心が軽くなっています。

特に影絵を表紙や挿し絵に使う方法は、全く思い付きませんでした。
検索結果まで貼っていただき、イメージがつかみやすくなりました。
あと、タグについてはR-18のみならず、書いてる作品が所謂腐向けのため、Twitterにあげるときはワンドロタグ以外は、自重してました。
Pixivのタグ、作品のURLだけでなく、Twitterのタグ使用、画像添付も今後は視野に入れます。

このたびはご回答いただき、ありがとうございました。

ID: y4gEsBWj 約1ヶ月前

二次創作の字書きです

他の方も仰っていますが、交流が苦手との自覚があるなら無理に交流するのはあまり良い手ではないかな…… と思います。

一部他の方と被りますが、私が気をつけていることを書いておきます

・pixiv投稿時に表紙をつける
自分で作らなくても、pixivには素敵な表紙用イラストを配布してくださる方が沢山います。
自分のイメージに合う表紙を探して、タイトルを入れるだけでもそれっぽくなるし、目立ちます。
わたしは「かんたん表紙メーカー」さんや、写真加工用のアプリを使って文字入れをしています。

・ツイッター投稿時に「CP名」「画像」「自信のあるワンフレーズ」「文字数」を必ず入れる
ツイッターで見ている人にpixivへのリンクをクリックしてもらう工夫です。
CP名で画像検索をされる方に引っかかるように、CP名と画像を入れます。
「自信のあるワンフレーズ」は小説の中から2〜3行抜粋。ツイッターでは長い文章(特に知らない作家が書いたもの)はスルーされがちです。漫画やイラストを見るのと同じくらいの時間で読めるものの方が見てもらいやすいと思っています。
「SS名刺メーカー」さんなどで画像化すると、画像検索に引っかかったときにも読んでもらえる可能性が上がると思います。商業小説の帯のようなイメージです。
そして文字数。ツイッターから外部リンクをクリックするとき、「この先を読むのにどれくらい時間が必要かわからない」って、リスキーだと思うんです。電車内での暇つぶしのつもりが、開いてみたら10万字の小説だったらわたしはちょっと気持ちが引けてしまいます。
短ければさっと読んでもらえるし、長くても他の要素がうまくハマっていれば「あとで読んでみよう」と思ってもらえると思います。

・キャラの誕生日などの「お祭り騒ぎ」のときは敢えてピークの時間帯を避ける
ピークの時間にあげると、特にツイッターではすぐに流れてしまいがちです。リンクをクリックして、時間をかけて細かい文字を追う必要がある小説作品は特にスルーされてしまう気がします。
例えば誕生日なら、日付が変わってすぐではなくて、仕事や学校終わりの方の目に入りやすい夕方頃に投稿する方がゆっくり見てもらえる気がします。

ID: AKVFaREL 約1ヶ月前

コメント、気を付けていることを教えていただきありがとうございます。

一度、作品の1/3程度を文庫ページメーカーに丸ごと載せたことがあったのですが、あまり反応が芳しくなかったので、「自信のあるワンフレーズ」を載せるといった方法について、目から鱗でした。たしかにこれなら、見てる方にお時間とらせずに済みます。
また、文字数を載せるという発想はありませんでした。こちらもあれば、読者も分かりやすいです。

また、お祭り騒ぎの時はピークの時間帯を避けることも埋もれずに済みそうです。

このたびはご回答いただき、ありがとうございました。

ID: AdizXJGs 約1ヶ月前

字書きです。私も、無理な交流はオススメしない派です。本当に推してる人たちへの絡みは良いんですけど、売名目的だなぁと感じる方はやっぱり見てて分かりますし、それで仲良くなっても社交辞令で作品を褒め合うという地獄の始まりにしかなりません。

Twitterをやらなくても、支部への作品投稿だけで知名度は十分上げられます。上記の方が仰っていた通り、とにかく多くの人に読んで貰いたい時期はタイトルの付け方やキャプションやタグ付けの工夫が有効かと思います。
あとは、作風の幅を広げるなどですかね。
常に新しい挑戦をする。誰かと比べず、自分にストイックに作品を作り続ける。
イチャ甘、ギャグ、エロ、シリアス、死ネタ、長文、短文、シリーズもの。
色々書いていれば誰かのツボにはハマりますし、その方々がそのうち常連さんになってくださったりします。
ある程度知名度が上がり気流に乗ったら、タイトルもキャプションも自由にしても大丈夫です。〇〇さんの新作だ、という理由だけで読んでもらえますから。

すぐには結果は出ませんが、長い目で見て活動を続けていけば、必ず報われる時が来ます。
応援しています。

ID: AKVFaREL 約1ヶ月前

コメントありがとうございます。
やはり、売名目的というのは見てて分かるものなのですね。
社交辞令で褒め合う地獄、考えただけで恐ろしいです。

作風の幅を広げてみるの、良い方法ですね。
今まで書いたことない作風に挑戦するの面白そうですし、書けば誰かのツボにはまるかもしれないです。
その過程で自分に向いてる作風がどんなものか、見極めてみたくなります。

応援、とても嬉しいです。評価が伸びなくてもめげずに書き続けていきたいと思います。ありがとうございました。

こちらの投稿もおすすめ