ID: ln8qjoQ412日前

素敵な推しが描きたいのに自分が下手すぎてしにたくなります。 推...

素敵な推しが描きたいのに自分が下手すぎてしにたくなります。
推しをカッコよく描きたいのに、画力がないせいでものすごく不細工になってしまって、修正したくても直せば直す程顔面が崩壊していって、結局描けなくなってしまいます。
こんな不細工に描いてしまった推しに申し訳ない気持ち、自分に対する苛立ちがいつも溜まっています。
そして、どうせ次も不細工になるんだ…と思うとそもそも他の神の推しを見てた方が済むと思ってしまいます。
キャラを描くのが怖くて、人体の基礎練をしてしまいます。そしてそれも上手くなりません。
こういった経験がある方いますか?
どう乗り越えてますか?

みんなのコメント

ID: ThcgO7kF 11日前

自分は主に男性の美形キャラが描けなくて苦労した(している)者です。
最近以前よりはマシになってきた気がするので、やったことを書きます。
・頭部の美術解剖学の勉強(普通?の美術解剖学も基本ですが、二次元キャラで参考になったのは漫画素材工房さんの講座です。pixivFANBOXに詳しい講座があります)
・美しいと思う人物の写真の模写、スケッチ
・美形の顔がどういうバランスをしているかの研究
・美形を描くのが上手い人の模写

模写はとにかく参考になりました。あと、美形を描くのが上手い人は落書きを含めて顔をたくさん描いてます。
描くしかないです。考えながら描く、それにつきます。
参考になれば幸いです。
お互い頑張りましょう。

ID: トピ主 11日前

ありがとうございます。
どんなに上手い人も進化録を見ると下手な時期は確かにあったのですが、自分に限って上達できないんじゃないかと不安でたまりませんでした。
自分なりに考えて描いてはいますが、その考えが恐らく間違っていて上手くいかないし、間違った努力は普通に裏切ると誰かが言っていたし、そもそも間違った努力だから努力の内にカウントされないし、とがんじがらめでした。
コメントくださってありがとうございました。

ID: XFOvZnfT 11日前

まず初めに、大丈夫です、練習していれば絵は絶対に上手くなります。
私も同じ悩みを持っているので、相談者さんの気持ち、とってもよく分かります。
好きなキャラをかっこよく(可愛く)描けなくて落ち込みそうになった時は、
『私の好きなキャラには、どんな時でもキラキラ輝いててほしい』
って気持ちを込めて描きます。たとえデッサンが狂ってようがひたすらに好きな気持ち、そのキャラが輝いててほしいって祈りを込めて描きます。
それが例え(ちょっと気に入らないかもしれない)自分が描いた画面(紙)の上でもです。

デッサン狂い問題は、自分で同じ写真を撮ったり、資料を必ず見ます。
顔面が気に入らなければ、上手い人と比較して、何が違うのか見比べます。
また原作絵と比べて、髪や目や体の特徴など捉えられてない部分がないかも見比べます。
あとは下書きが気に入らなければ2.3回でも書き直します。
(さらに黒で描くのが圧迫感に感じるので、最近は薄い青で下書きしてます。私はこれで推しをかっこよき描かなきゃという下書きストレスが軽減しました)
私にも好きなキャラがいて、そのキャラを描き続けて5年経った今でも満足な一枚はありません。
けど、このキャラのこの部分が好き、みたいなのの発見がまだまだあります。

絵を描くのもモチベーションが要りますよね、大丈夫です、好きな気持ちがあればきっと何でも出来ます。(それは何にも勝るいちばん大きなモチベーションですから)
と自分に言い聞かせて描いてます。
トピ主さんの事応援してます。お互い頑張りましょうね。(乱文失礼しました)

ID: トピ主 10日前

ありがとうございます。
自撮りは諸々の事情でできないので、3Dドールで頑張ってます。
好きな気持ちは正直そこまでありません。
そこまで絵を描くのが好きでないからこそ、上達しないのかもしれません。
かといって、絵に代わる程好きなものもないです。ありがとうございました。

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。

こちらの投稿もおすすめ