ID: i6Ry0r1G11日前

ジャンルの中でTwitterでは空リプをしないと仲良くなれない&...

ジャンルの中でTwitterでは空リプをしないと仲良くなれない&反応をくれない風潮があります。

個人的に空リプが苦手で全くできません。
フォローしている人が全員同じわけではありませんし、TLで他人との会話の一部だけ羅列されても意味がわからないので正直ストレスです。
また単純にフォロイーが他人のことばかりべた褒めしているのをみると、自分は必要ないのかと寂しくなります。
空リプだとキーワードミュートもしづらいのでほぼTLに現れます。
醜い嫉妬は重々承知ですが毎日誰かしらの空リプが目に入るのでスルーするのも限界になりました。

私は感想を言うならリプで、また文字だけではなく絵で感想を伝えることが多かったです。
イベントの本の感想なども絵を描いて送っていました。
多い人には月に1回、少ない人でもふた月に1回は必ずリプ+絵で交流していましたが、相手から発信されることがないことに気づきやめました。
フォロイーが空リプをする人とは瞬速で仲良くなっていきマシュマロ投げ合ったりしているのがTLでわかってしまい気持ちが闇堕ちしてばかりです。
自分から感想欲しい!と発信しても全くもらえないので、相互でも完全に私の一方通行の好意だったのかとしんどくなりました。
今はTwitterをみることもなく原稿をしていますが次のイベント以降本を出すかどうかもわからない状態です。
こんなことで同人をやめようと思うとは予想してなくて心にぽっかり穴が開いた感じです。

ただの愚痴です、長文乱文失礼いたしました。

5

みんなのコメント

ID: yR0WFhUZ 11日前

私も今その状況に近いです。
何だかちっとも報われない気持ちになりますよね。私だって描いてるのにって。それをしないばかりに距離があくんだなぁって。
何か…交流ありきなんですかね、今のネットや同人誌って。

ID: wWoRgjyA 11日前

SNSですしブログなどと違い性質上交流ありきとなっても仕方ないのでは。
私も交流のためにSNSやってます。
ただジャンル内が空リプをする人とばかり仲良くなっていくのが納得できません。
こちらは空リプはしなくてもリプで交流しているのに…とモヤモヤします。

ID: UEukaSzW 11日前

自分も空リプは苦手です… 一日中ツイッターに張り付いてるわけでもないので、通知が来ないと気づかないですし(´・ω・`)
当事者同士は一体感があって楽しいのでしょうけど、自分はその手の人とはなるべく距離を置くようにしてます…

そういう目立つ人についつい意識が行ってしまいがちになると思いますが、トピ主さんのように空リプのノリが苦手な人もどこか目立たないところにいるかもしれません。ひっそり身を潜めているか、別の場所にいるかはわかりませんが…
心の平穏のために
・いったん全員ミュートする
・ツイッターは告知だけにしてオフラインをメインにする
とかでもいいと思いますよ。
良い方法がみつかりますように!

ID: grDuWMIF 10日前

空リプは
・Twitterにずっと張り付いてる
・お互いにフォロー数が少ない
・名前が特徴的でエゴサに引っかかりやすい

とか条件が揃わないと通用しないので、難易度高めで敬遠してます。
その辺理解せずに「空リプするけど返事こないー」とかいう若い子がいると
「バカだなぁ」って思いながら眺めてます。

Twitterなんかリプすら見逃されることもしばしばなので、
ちゃんとした交流したいのであれば空リプは避けるべきだと思います。

ただ、空リプのつもりでないなら、リプライを付けずにその人のことを話題に出すのは構わないと思います。
「あー、これ◯◯さん好きそう」とか
「◯◯さんみたいなことしてる人って他にもいるんだ」とか
返事を求めない、リプライのつもりでないなら、
このように「当人がいなくても、その人を話題に出す」のは良いんじゃないかと。

なんだかんだ、自分がいない場所でも自分のことを話題にしてくれる嬉しさ、というのはあると思います。
そういったところに良さを感じて、空リプ文化というのはあると考えるので、
空リプではないけど、その人のことを積極的に話題に出してみる、というところから始めてみては如何でしょうか?

ID: D84QClMi 7日前

トピ主です。
否定的な意見をいただくかと思っていたら予想外に優しいお言葉をいただき驚きました。
今はフォロー数0の告知垢でひっそり原稿に励んでいます。
次のイベント以降本を出すかどうかもわかりませんが、愚痴を言えて少しすっきりしました。
Twitterのノリが合わずフォロワーに無視され感想をもらえず
筆を折る作家もいるんだとどこかで覚えていてもらえたら嬉しいです。

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。