ID: 96ef8o0G11ヶ月前

※字書きの愚痴です。だれかきいてくれ。  私自身文字書きの...

※字書きの愚痴です。だれかきいてくれ。

 私自身文字書きの癖に、一部の文字書きさんに対して辟易の感情をもってしまう。
一部の文字書きさんが、絵描きさんに過剰に依存しているような風潮が嫌だ。
私は文章作品が読むのも書くのも好きで好きで、文字書きとして創作活動(二次創作と創作半々)をしている。けれど最近は他の文字書きさんとの交流(twitterがメイン)が辛い。しんどい。

 感情その一、文字書き、自信持ってくれ!!
・文字書きは自分の書いた小説が絵描きにイラスト化漫画化されたら嬉しい。
・表紙を書いて貰ったら嬉しい。
上記の意見に関しては、他人から作品を褒めて貰えた、認めて貰えたその結果として嬉しいという意味で理解できる。
一方でそれらをあんまりにも声高に叫ばれると、絵描きさんから承認されていなければ小説作品に意味はないのだ、という印象を感じる時がある。それが寂しい。
イラスト化されることが作品のゴールなのか? 小説単体でもっと自信を持って欲しい。
あなた方の作品、本当に好きなんだ。

 感情その二、私が嫌いな「字書きを名乗ってる人」
絵が描けないから文章を書いてると公言するタイプ。
よく見かけるし、正直それは各方面に失礼ぶちかましてんなぁと思うがまぁいい。
ようこそ。文章の世界へ。私は文章が好きなので、仲間が増えると嬉しい。
しかし、しかしだ。
絵が描けないから文章を書いてると言っておきながら、文章は絵より見てもらえないとメソメソする奴。
お前は一体何を言ってるんだ? じゃあ絵を描けばよかっただろう?
誰に強要されたでもなく、自分で表現方法を選んだんだろう?
読んでもらえない理由を、文章という表現のせいにするな。
それは単にお前がつまらないからだ。たぶんお前は絵を描いたってつまらない。

 文字書きとして交流をしていて、文字書きと名乗っていて、これクソデカ主語だなぁと最近感じる。
私はイラスト欲しくないんだ。嬉しいとは思うけど。
絵描きさんが描いてくれたからって、その方をそんなに過剰に崇め奉る気はないんだ。
なんでそんなにへりくだらなきゃいけないんだ。創作のカースト(絵>>文字、らしい)とかメソメソ言っておいて、そのカースト作ってんの自分らの方じゃねぇかよ。
私は文章が好きで、読むのが好きで書くのが好きで、だから自分の創作スタイルは何だと聞かれたら、文字書きと答えるだろう。
でもこの「文字書き」にも色んなタイプがいて、勿論絵描きさんにも色んなタイプがいる。
私は文章が好きだし、文字書きさんが好きだけれど、文字書きを「絵を描けなかった奴」ぐらいの認識で仲間認定して「読んでもらえなくて~」と言い出す奴、ごめん。一緒にしないで。

文字書き名乗ってんだから文章が好きなんだよ。わかってくれよ。

みんなのコメント

ID: bpqiQ3Jd 11ヶ月前

トピ主さんの話を読んで、文章を書かれているご自分に誇りを持っているんだと感じました。
同時に、同じ感情を他人に求めるのは酷だとも感じています。
創作をしている方の中にはプライドと向上心を持って取り組まれている方がいるのはわかりますが、趣味である以上、マイペースでやりたい方もいるだろうし、なんとなくやってみたという方や、なにかしら手段を問わず注目されたくてやっている方もいると思います。

小説を書く事が好きそうじゃない方や軽い気持ちでやっているように見える方に、ご自分の好きな小説というものを貶められているようなお気持ちなのだと思いますが、その方たちの目指すゴールが承認なら、どうしたって価値観は合いません。文字書きというくくりで考えるのも無理があるのではないでしょうか。

文字書きにも色んなタイプがいて、文字書きに増えてほしいとトピ主さんは書かれてますが、本音のところで文字書きとは認めたくない人がフォロワーの中にいて、そんな人を応援したくもないのでしょう。
この人は文字書きだ絵描きだという区分で考えるよりも、付き合いたい人かそうでないかで判断して交流されたほうが楽しいと思います。

ID: gPriWklL 11ヶ月前

お気持ち、しかと受け止めました。
何なんでしょうね本当、アンソロでの某炎上問題とか、某スレで頻繁に起こっている絵vs文字バトルとか。
最近のこの風潮って余程のスルースキルがなければお互いにヘイト溜まっていくだけだと思います。

本来一切活字なんて読まない勢がいるように絵に関心がない作家さん・読者さんだっていて当然です。挿絵や表紙も、それ入れちゃうとその絵師の絵柄を脳裏に浮かべて小説を読まざるを得なくなるので要らない人もいるんじゃ?と考えたりするので、必須ではないでしょ派ですねえ。もちろん作家さんが納得していれば何でもOKですが。

漫画で大成功している二次作家さんが、「この熱量をぶつけるには文字じゃなきゃ表現できない」って言って長編小説出されてたのを思い出しました。私も普段は絵描きですが、とあるジャンルではひたすら小説を投稿していました。絵も相当疲れますが、小説も本当に難しかったです...推敲しても推敲してもなんか納得いかない。自頭や記憶力が関わってきますし。でも、表現手法として絵じゃダメな理由がちゃんとありました。

創作界隈ギスギスしてるなあと感じてはいましたが、表現手法にプライド持って創作している方からすれば遺憾以外の何物でもないですよね。よく分からない原因に逃げずに、自分の技術に向き合いたいものです…(自戒)

ID: r0nHGD6f 11ヶ月前

飽くまで感想です。
読んでて、ガチ勢とエンジョイ勢の違いというか、スタンスの違いなんかなーって思いました。
ラノベと純文みたいな。
オタク界隈だとどうしても絵付きのラノベテイストが主流ですし、だからこそ絵を付けた方が読まれるし人気も出るだろうって風潮は確かにあるので、自分もそこに乗りたいって人も多数いるのはある意味自然だと思ってました。
自分の作品に挿絵と表紙が付いたら、どんなラノベ風小説になるんだろう、って。
漫画を描いてて「アニメ化されたい」って思ってる人だっているんじゃないでしょうか。

純文派からすればラノベは邪道に映るでしょうし、「(笑)」とか「(ry」みたいなネット用語を使う文章なんで言語道断なのかも知れない。
けど「文章を書く」というのは初心者でも特別な道具も技術も必要ない、もっとも簡単な表現方法の1つでもあるので、「絵は描けないけど文章なら書ける」と書き始めた人をなじるのはあまりに乱暴じゃないかな、とは感じました。
毎月高尾山に登る人もいれば、毎年1回だけ日本アルプスに臨む人もいます。
単なるカラオケ好きと歌ってみた動画の人と歌手目指してる人でもだいぶ違います。
きっとそれぞれ趣味の欄に「登山」「歌」って書くでしょうけど、各人がどの程度の熱量をもって取り組んでいるかなんて、実際に話してみないと分からないもんです。
ガチ勢からしてみればエンジョイ勢と一緒にされたくないと思うでしょうし、エンジョイ勢からしてもガチ勢と一緒にされると「そこまで本気じゃないよ」となるかも知れません。
なので、「高みを目指すなら」トピ主さんみたいなスタンスであるべきだとも思います。

まぁ似た話は音楽にも言えますかね。
クラシックかミュージックビデオ付きのポップミュージックか、みたいな。
絵描きからしても、写実技術は写真やフォトショップの登場でほぼ死んだようなものですし。
聞いてくれる人がいるから初めて音楽になる、読んでくれる人がいるから初めて文芸になる。
芸術が経済活動に取って代わられて、「どうやったらより多くの人に見てもらえるか」が大事な時代になって来てしまっていますから。

自分も文芸部あがりの絵描きとしては色々と思うところがあります。
それでも、なろう小説とか「文章だけ」で勝負できるプラットフォームが増えたことは良いことじゃないかな、と思います。
(投稿されてるのがほとんど異世界系ばかり、という点はまた話が別ですが…)

Twitterでも散々騒がれてますが、文字が読めても文章が読めない人が本当に多い今の世の中で、如何に文章で勝負することが難しいかって話もあります。
自分も最近、絵ではなく出戻りのように文章であれこれ書き溜めることが増えました。
久々に小説も書こうと取り組んでいるところです。
そしたら、たぶん今のトピ主さんみたいに「あああああああ」ってなる時期もやってくるんだろうと思ってます。

ほんとどの界隈でもありますよね、初心者ウェルカムだけど、初心者やイキった人たちと一緒くたにされるのは勘弁だよ…っていうの。
悪目立ちの多い鉄オタ界隈とかアイドル趣味とかも「一緒くたにしないで」って思ってる人は結構いるみたいですし、今回もそういう話なのかな、と思って読まさせて頂きました。

こちらの投稿もおすすめ