ID: Fgl2aD1W約2ヶ月前

即売会以外の、何か本を作るモチベーションはないだろうか、というご...

即売会以外の、何か本を作るモチベーションはないだろうか、というご相談です。

コロナ禍の中、通販が伸び悩んでいるという話を頻繁に耳にするようになりました。
このままだと同人誌の印刷所がつぶれてしまう、だから書き手は同人誌を作ろう、その話はとても分かります。

ですが、自分はもともと同人誌の印刷代=売上+諸経費でトントン、という感じで、ずっと「同人誌を売りたい」というより、「同人誌のお祭りに参加したい」という気持ちで活動してきました。
なので、今後もし同人誌の販売=通販が一般的になったら、めちゃくちゃ本を作るモチベーションが下がります……。
(ちなみに感染対策をしっかりしてイベントに参加する事も考えたのですが、職場で感染者が出たので、しばらくイベント参加はサークル・一般共に諦めました。)

お恥ずかしながらファンが居るようなサークルではないので、同人誌を出すと宣言しても応援の言葉などは期待できません。今までのサークル活動でも頒布数は平均して30~100冊といったところでした。自分のために作り、自分のために発行する、たまに見かけた人が興味を持って手に取ってくれる、そんな自己満足の同人誌活動です。それでもイベントがあればかろうじて申し込み、申し込んだ以上は本を作ることを繰り返していたのですが……。

みなさんの本を通るモチベーションや、このコロナ禍での現状を聞かせていただけると大変参考になります!よろしくお願いいたします。

みんなのコメント

ID: BU86SXTA 約2ヶ月前

私はまさしく自分のために本を作っています。二次創作なので自分の妄想を本にするのがゴールというか、頒布は言い方悪いですがおまけみたいな感じですかね。もちろん読んでいただけたら嬉しいですが、本にした時点で満足して次の本を作ります。
だからイベントでも通販でも、今の状況でもモチベーションはまったく変わっていません。今も原稿してます。
イベントの空気は大好きですし、お祭りに参加したいというのもすごく共感できます。楽しいですよね。本を作ったら20冊刷ってイベントで頒布してます。イベントに参加するのと本を作るのは別物って感じですね。
目標にするところが違うと思うのでモチベーションの上げ方は何も言えないんですが、無理して作るものでもないですしイベントに参加できないから落ち込んでいるのであれば少しお休みするのもいいかと。お世話になってる印刷会社のために本を作るとか、そういうことでモチベーションを上げてる友人もいました。もしかしたら意外なところから湧いてくるかもしれません。

ID: トピ主 約2ヶ月前

コメントありがとうございます。
なるほど、本にするところがゴールなのはいいなあ、と思いました。自分の場合「本を作る=お祭り(イベント)の参加資格を得る」というイメージだったので、お祭りがなくなっちゃったのに何故本を作っているんだろう?みたいな気持ちがあったんですよね。
本にした時点で満足、という考え方にチェンジするのは良いかも知れませんね。

ID: M91g0ROC 約2ヶ月前

元々主様と同じ考えだったものです。あくまで私の意見ですが、通販は悪いことばかりでもないですよ!
予想外のモチベーションになることもあります。

私は去年までずっと創作をやめておりましたが年末に某人気ジャンルにハマり、数年ぶりにイベントに出ようと思い春イベントに申し込んでおりました。
中止になりそうで落ち込みはしましたが、久々に本が作りたかったのでエアコミケというイベントで運営様の心遣いに大喜びし、ドキドキしながら思い切って初の120冊刷りました。今まで通販未経験でイベント最高売上は新刊二冊で100冊くらいでした。

結果から言いますと秒で売り切れて再販希望の声を頂き、某通販サイトから100冊買い取りたいと連絡も来て一か月で400冊売れました。

わたしも元々「ファンが居るようなサークルではなく、応援の言葉は期待できない。自分のために作り、自分のために発行する、そんな自己満足の同人誌活動」でした。
実際本が完成するまで原稿応援コメントも一人くらいでした。

でも実際にやってみて予想以上の結果が出ると、たとえ通販でも「たくさんの人が割高なのに買ってくれた、読みたいと思ってくれた」という喜びが身に染みて新たなモチベーションになりました。

正直私は「通販が伸び悩んでいる」というのはジャンルや宣伝の仕方によるのでは?とも思います。私はむしろ今こそ通販が売れると思っています。
元々商売をしていたので人の購買意欲には詳しいほうなのですが、コロナの影響でストレス抱えて自宅にいることが大多い今、大好きな推しの本を読むことは最高の自宅の娯楽です。通販利用者は絶対に増えているはずです。
むしろ遠征より安いというメリットもあります。

「売上じゃなくお祭りの雰囲気が好きだったから・・」という気持ちもすごく理解できるのですが、
「やってみたら案外楽しいかも、いい経験になるかも」と思って全力で一冊だけ作ってみるのも悪くないですよ。
予約機能を使えば部数も決めやすいですし。

人はなんやかんやで自分にとってうれしい結果になればそれが次のモチベーションになります。
現に私も原作が終了しどんどん界隈を離れる人がいる中、まだまだ描きたいですし、
結局今年合計三冊エアイベで出しております。
不思議と売れる数も450、500とどんどん増えてます。Twitterはフォロワー400くらいなので大手でもありません。
もちろんこれがずっと続くとは思わないですが、急にとんでもなく売れなくなるとも思いませんし、少なくとも当分はこの「やってみたら楽しくて嬉しかった経験」が本づくりのモチベーションになると思います。

逆に締め切りに追われることもないですし、ゆっくりでもまず本づくりそのものを楽しみながら通販チャレンジしていたらいかがでしょうか?

ID: トピ主 約2ヶ月前

ID変わっているかも知れませんがトピ主です。コメントありがとうございます。

それは凄い成功体験ですね!おめでとうございます。……ですが率直に言ってしまうのですが、かなりレアなタイプの成功体験だとご自分でも気づいておられるのではないでしょうか?
赤ブー、コミケ運営が先日出した記事によるとエアコミケ系の販売数は通常の5~10%に落ち込むサークルがほとんど、との事。後出しの情報で恐縮ですが、自分も、周りもBoothなどにお任せしている既刊がほとんど動いていない状況が続いています。その成功体験、ちょっと私には難しそう?

でもまあ、一か月で400部売れたら……確かにそれはやる気が出ちゃいますね!
悲観的になるより、前向きに「売り上げるための戦略」を練る方がいいのかも知れません。

ID: GXFd6cZQ 約2ヶ月前

通販で売れるジャンルは限られていると思います。
中堅〜マイナージャンルの中堅CPですが、通販だけみても普段の4分の1しかはけていません。普段イベントで頒布している数も合わせると悲惨なことになっています。まわりのサークルさんも似たような状況だそうです。
公式からの供給のお陰で辛うじて創作意欲は保たれていますが、通販があまりにも売れず新刊印刷用の資金回収が厳しいのでどうしたものかと考えています。
一方で前にいたジャンル(安定してまだかなり人気があるジャンルです)の本を印刷所支援で再販したのですがそちらは半数以上すぐにはけ、残りもじわじわと数が減っています。大手サークルや旬ジャンルと中小規模ジャンル・サークルは状況が大分違うのではないでしょうか。

ID: トピ主 約2ヶ月前

コメントありがとうございます。トピ主です。

通販で売れるジャンル、売れないジャンルってありますよね。
今までは本が売れなくてもイベントに参加できればOK!お祭りが楽しめればそれでいい!と思っていたのですが。このような状況になり、先の見通しもない中なので
「売れなくても作ろう!と思える?」
「やっぱり売りたい?」
「売りたいなら自分の好きなものだけ描いていてはいけないかも知れない。自由な創作じゃなくなってもいい?」
「今は厳しい状況だから『売れなくてもいい』と考える?それとも『売るための本』を描く?どっちを選ぶ?」
などなど。これからも同人を続けたい!と考えるなら、書き手にもそれなりの戦略と覚悟が必要な時代になっちゃったのかなあ、なんて考えています。どちらを選ぶかは、まだ決めかねているのですが……。

こちらの投稿もおすすめ