ID: y8NQemhJ4ヶ月前

数年前に画風をまねされたことが忘れられません。 私は、...

数年前に画風をまねされたことが忘れられません。

私は、イラストメインで同人活動をしており、
数年前、ツイッターで交流していた趣味の合う方と、
合同で同人活動していた方と合同で本を作成することとなりました。
その当時は、相手の方は全く画風も違ったのですが、
私の画風(主線を描かず色数を限定しレトロなものを目指し描いていました)に合わせイラストを描いてくださり、
当時は本の統一感を出してくれたんだと感謝していました。

しかしその後、「この描き方いいな」と言われ、雰囲気のにたイラストを描かれるようになりました。
共通のフォロワーさんにも「絵柄が似ているね(笑)」と何人もの方に言われ、
勇気を出して、フォロワーさんが似ていると言っていること、悩んでいること、
合同で参加するのは今後遠慮したいと伝えました。
その時は伝わっているものと思っておりましたが、
結局相手の画風は変わらず今も描き続けています。

もちろん、私自身もたくさんのイラストを見て影響を受けています。
世の中同じ画風で絵を描かれている方がたくさんいらっしゃること、
画風が被ることも重々承知です。
ただ、合同でイベントに参加しており、当時とても身近な存在だったにも関わらず、
同じ画風で絵を描きだされたことがどうしても忘れらなく数年間悩み続けています。

最近その方のツイッターのフォロワー数が自分より多くなったことや、
差をつけるために取り入れた技法をその方が使いだしたらどうしようと不安になってしまい
ここ1年程、以前にもまして気持ちがつらくなることが多くなりました。

私の自意識過剰なのかもしれません。
どなたかにお話しを聞いていただけないか、
この気持ちを忘れ前向きに絵を描いていけるようになりたいと思い
投稿させていただきました。

長く、つたない文章となり申し訳ございません。

4

みんなのコメント

ID: YHSEaWFM 3ヶ月前

画風もオリジナリティ、自己表現の手段なので、安易に真似されるとカチンときますね。
ただトピ主さんの場合、相手さんの経緯として「一緒に本を作るために絵柄を寄せてみたら楽しかった」というのもあり、
自分はこれを安易に批判はできないですし、むしろ「よくあること」だと思っています。

落ち込む気持ちも分かりますが、私はトピ主さんに「負けん気」が足らないばかりに
勝ち負けではなく、自分の落ち込む気持ちに負けてしまったのかな、とも思います。

良い意味で「ライバル心」を燃やして見て下さい。

ID: 0GJAYIPF 27日前

トピ主です。コメントありがとうございます。
気が付くのが大変遅くなってしまい大変申し訳ございません。

経緯は違えど、周りのフォロワーさんにも画風や絵柄が似ている件で悩みを抱えている方を
ちらほらおみかけしたことがあるのですが・・・よくあることなのですね・・・。

「負けん気」が足らないというお言葉、ありがとうございます。
背中を押していただけた気がします。
合同で活動していた過去を悔やんでももう変えることはもうできませんし、
自分の落ち込む気持ちに負けてしまって絵や活動に影響が出てしまっては意味がないですよね。
「ライバル心」ではなく、それ以上の先に行けるように頑張ってみたいと思います。
あとは、この件にとらわれた絵ではなく、心から楽しんだ絵が描けるように。

まとまりのない長い文章にもかかわらず、
最後まで読んでくださったこと、コメントを下さったこと
本当にありがとうございました。

ID: wFl9DcC5 3ヶ月前

絵柄を真似された経験があるので、他人事とは思えずコメント失礼します……!わたしの場合はジャンル内のフォロー祭りタグで繋がって間もない、付き合いの浅い数名からで、しかも後々ブロックしたので境遇は異なります。なので自分語りは控えたいところですが、数年も付き合いを続けていらっしゃるトピ主さんの寛大さを思うと胸が締め付けられます……
絵柄って法律上は著作権が認められなかったり、真似された側でないと気付けないモヤモヤがあったり、とにかく周りに言いづらいお悩みでしょうに、勇気をだされてご本人に伝えられたこと、ここに書き込まれたこと、尊敬いたします。
フォロワー数を気にされているようですので、拡散力の低いわたしでよければちやほやしてあげたい気持ちでいっぱいです……

ID: 0GJAYIPF 27日前

トピ主です。
気が付くのが遅くなってしまい大変申し訳ございません。

周りに同じような経験をされた方がいないため、
なかなか相談もできずただただ苦しかったので
共感のコメント本当にありがとうございます。

フォロワー祭りタグでせっかく繋がったのに、数名からなんて・・・
境遇は違えどとてもとてもお辛い経験でしたね。
私も相手のツイッターをブロックしてしまえば
目に触れる事もなくなり忘れられるかなっと思いつつも、
相手の愚痴垢になにか書かれるのではと怖くてブロックできず、
こちらに吐き出させていただいてる身です;;
ブロックできる勇気尊敬致します。

赤の他人の私の気持ちに共感してくださるコメント
心が軽くなった気がします。
お優しい文書を読んでいて、ツイッターなど違う場で出会えていたら、
ぜひいろんなお話をしてみたかったなと思いました。
本当に感謝しかありません。

まとまりのない長い文章にもかかわらず、
読んでくださったこと、コメントを下さったこと
本当にありがとうございました。

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。

こちらの投稿もおすすめ