ID: 0MKTaeWH12ヶ月前

あまり自信のない作品を本にするか迷っています。 半年ぐらい前に...

あまり自信のない作品を本にするか迷っています。
半年ぐらい前に本にするつもりで小説を書いたものの、これ読んで面白いか?と思ってしまいそのままお蔵入りさせてしまいました。
今日たまたまデータを見つけて読み返したら、やっぱり本にして陽の目を見させたくなりました。

今までに何冊か出していて下手なりに一応ちゃんと起承転結のある話を書いていましたが、今回の話は設定にかなりムリがあったり結末も多分すっきりしない感じだと思います。
読んだ人にがっかりされたくないし、正直なところ自分の評価が下がるのもいやです。
でも本にして頒布したい。
矛盾してますよね。

ネットでの公開は考えていません。
自信のないものでお金をとるのも……と色々考えてわけが分からなくなってきました。
誰かに聞いてもらいたくてこちらに書かせていただきました。

みんなのコメント

ID: nR0CBcHu 12ヶ月前

拝見して、いくつか選択肢はあるかなーと思いました。

トピ主さん的に、そのお話に「この部分に私の萌えが詰まっている!アラがあったとしても、どーーーーーーしても他の人にも読んでもらいたい!」という熱はあるでしょうか?
そういう熱意って読んでる方にも案外伝わるものです。この人これがどうしても書きたかったんだな、って。(そういう剥き出しの熱に触れられるのが商業にはない同人誌の魅力だったりします。)
その場合は、
・トピ主さんが気になる部分(設定の無理とか終わり方とか)を注意点として告知し、それでもいいと納得して貰える人に頒布する
または
・良いところを消してしまわない範囲で違和感を持たれそうなところをなるべく手直しして本にする
の方法があるかなと思います。

もしそこまでの熱が無いのであれば、試しに1冊だけ作れる印刷所に自分用に発注してみて、実際本になったものを見てから考えるのでもいいと思います。

ID: トピ主 12ヶ月前

回答ありがとうございます。

『そのお話に「この部分に私の萌えが詰まっている!アラがあったとしても、どーーーーーーしても他の人にも読んでもらいたい!」という熱はあるでしょうか? 』

あります。そのシーンから書き始めたために後付けの苦しい設定になってしまいました。

こちらに最初の書き込みをした後改めて考えてみたのですが、自信がない一番の原因は設定の荒さを自分で分かっているからだと気がつきました。
ストーリーの方は自分の好みで書いているので、あまり一般受けしないと思いますがこれは仕方ないと思います。
難しいですがもう一度設定を練り直してみようと思います。

nR0CBcHu様、ありがとうございました。

こちらの投稿もおすすめ