ID: YjDvV0NQ9ヶ月前

同人活動に対する、嫉妬などのマイナスの気持ちの処理方法についてお...

同人活動に対する、嫉妬などのマイナスの気持ちの処理方法についてお聞きしたいです。

数年創作を続けてきたジャンルがあります。人の少ないジャンルで、ほぼ一人で反応をいただくこともなく、細々と続けてきました。
しかし、最近知り合った人にジャンルを紹介したところハマってくださり、二次創作をすることになり、彼女はそれに伴いSNSも始めました。
元々絵が上手く、筆も早い人だったため、私も久しぶりに自分以外の二次創作が見られると嬉しかったです。彼女はすぐに評価され始め、インフルエンサーとなり、ジャンルの人口も増えました。
私はというと、SNSでの評価が増えるというようなこともなく、相変わらず壁打ちのような創作を続けています。
彼女が年下なこともあり、彼女が入ったことで一気に広がった自ジャンルを見て、自分の創作はそんなにも魅力がなかったのかと落ち込んでいます。このような状態がしばらく続いていて、創作をするモチベーションが下がりつつあるのですが、どう捉えれば気持ちが前を向けるでしょうか。

以下は余談です。
彼女は、評価を気にする人は承認のためにキャラクターを利用してるから、ジャンルへの敬意がないという発言を時々するため、自分に言われているのではないと思いつつも自分を否定されているような気がして、しんどくなります。言ってることは正論だと思います。
また、CPの解釈についても彼女とは微妙に違う気がするのですが、インフルエンサーである彼女の傾向が今のジャンルの雰囲気となってしまい、やんわりと私の解釈を否定されているため、それもちょっと創作がしづらいです。
私なりに、この件で今まで以上にデッサン練習をしたり、一日一枚漫画を描くようにと自分の作品に魅力が出るように努めましたが、頑張る方向性がそもそも違うのでは?と思い始めています。
(もしおすすめの練習方法等あれば、そちらもご教示いただければと思います。)

長々と申し訳ありません。
一言でいえば、自分の嫉妬心をなんとかしたいということです。
素敵な創作をされる方なので、縁は切りたくないと考えています。
ご教示のほど、よろしくお願いします。

みんなのコメント

ID: PXhSmyA3 9ヶ月前

それはかなりお辛い状況であると思います…。もし自分だったら、嫌になって引きこもってるかもしれません。努力もなさっていて頑張っていらっしゃると思います。お疲れさまです…。

これは想像ですが、その方は今のところ労力分の評価やリターンは潤沢に得られているため、求めても得られないような苦しさやそのへんの機微はなかなか想像しづらいのかもしれないと思いました。(もちろん人並み以上の努力はされているのだと思いますし、評価されてる方が全てそうではないと思うので補足まで。)
もしかしたら、その方の発言から同じような苦しさを感じている方はトピ主さんだけではないかもしれませんね。

自分も常々嫉妬に苦しんでいて、あまり有効な手立てを提案できないのが心苦しいのですが…
一つは、その方にはどんどんスーパーインフルエンサーになっていただいて、別世界の人だと思えるようになったら少し気持ちを切り離せるようになるかもしれません。絵以外の細々した発言はミュートなりしてあまり見ないようにして、たまにその人のホームで画像欄だけ見るくらいでもいいかもしれませんね。

ID: 0MfLtYjh 9ヶ月前

ご回答、ありがとうございます。
ご共感、そして励ましの言葉をいただけて、少しほっとしました。
今まで自分のことでいっぱいいっぱいだったが、視野が広がった気がします。
同人活動以外では気が合うこともあり、ミュートをためらっていたのですが、踏ん切りがつきました。
一度ミュートをしてみて、気持ちが落ち着いたら解除してみようと思います。

ID: 3kb2RKQi 9ヶ月前

人と比べると自分のいたらなさに悔しくてたまらなくなってしまいますよね。ミュートはよい判断だと思います。なるべく気にしないようにと思っても目に入ると思い出してしまいますし…。

【評価を気にする人は承認のためにキャラクターを利用してるから、ジャンルへの敬意がない】→評価に何を期待するかは人それぞれではないでしょうか?承認も何を認めてもらいたいかは人によって様々だと思います。一概にジャンルへの敬意あるなしを決められる要素では無いと思います。そもそもジャンルへの敬意という定義が曖昧で答えが明確にあるようなものでは無いのでは…?主様が評価や承認に何を思っていても、その方と考え方が違うからといって否定される事はしなくてよいと思います。

【CPの解釈についても彼女とは微妙に違う気がするのですが、インフルエンサーである彼女の傾向が今のジャンルの雰囲気となってしまい、やんわりと私の解釈を否定されているため、それもちょっと創作がしづらい】→私は解釈腐女子なのですがめちゃくちゃしんどい状況、お察しします。自分の場合は壁打ち主なので一人遊びしつつ自分と同解釈作品を見かけるとこっそり反応しよろこびを噛みしめる…みたいな事をやりながら平和に過ごしています。価値観違うけど広く認知されている解釈も私が好きな解釈を愛でる気持ちと同じように愛している人がいるんだなと思うと、「ワシはそうは思わんが君はそう思うんやな!理解した!おわり」と思えるようになりました。表現の自由が許す限り否定されるべき解釈なんて無いです。

みんな違ってみんな誰かにとっての大切な考え方です。そうは言っても合わない価値観もあるので、適切な距離を保って平和に暮らせるよう祈っております。主様もご自身の解釈を豊かに実らせてあげて下さい。私のようなコソコソ民にとってのオアシスとなっているかもしれません。

またご自身の解釈を大事にする(かきたい物を明確にする)ことで、どのような技術を磨くかの判断がつきやすくなるような気がします。

長文、乱文失礼しました。

ID: 1WFM4Ji2 9ヶ月前

返信遅れて申し訳ありません。

最初にご返信くださった方にご教示いただきました通り、ミュートしましたが今精神がとても穏やかでびっくりしています。
ジャンルへの敬意という概念がまず曖昧というお言葉、目からうろこが落ちました。
そもそも「ジャンルへの敬意」という言葉自体彼女が言っていて初めて知ったので、彼女の概念に引っ張られていました。
解釈についても「表現の自由が許す限り否定されるべき解釈なんて無いです。」との力強いお言葉、ありがとうございました。信念にしていきたいレベルで元気が出ました。

技術について、解釈を大事にする=かきたい物を明確にのお言葉、とてもわかりやすくて腑に落ちました。上達のノウハウにおける「かきたい物を定める」という言葉に悩んでいたのですが、自分の解釈がかきたい物、ということで、こちらも目からうろこでした。

最後に、私の作品が誰かのオアシスになっているかもしれない、という希望を持たせてくださりありがとうございます。目に見えなくても誰かの支えになっているかもしれない、と思うと創作を続けることができそうです。

この度は真摯にご回答くださりありがとうございました。

こちらの投稿もおすすめ