ID: ZRpt7Lg83ヶ月前

盗作と参考の違いってなんなんでしょうか?

盗作と参考の違いってなんなんでしょうか?

2

みんなのコメント

ID: hJtSb5OG 3ヶ月前

盗作は、構図やセリフ、キャラのポーズ、パーツの描き方などをそっくりそのまま真似ていること。
参考は、それらを踏まえたうえで、自分なりにアレンジなり個性を出して描くこと。

まー明確な基準は難しいですが、見比べた時にパクリに見られたらそれはパクリです。

ID: TVq3G5UD 3ヶ月前

個人的には
盗作:見たものを思考停止でそのまま真似る
参考:見たものを踏み込んで「自分だったらここをこうする」と考えた上で真似る
の違いだと思っています。
参考は考えるのに対し、盗作は思考停止している状態です。

そもそも、ネット上でパクリや盗作とされる基準と、法的な盗作の基準は不一致だったりします。
著作権法では「著作物」は守りますが、「アイデア」は守る対象にはなっていません。

例えば、モナリザの絵を写真で取って複製を売ったり、Tシャツにプリントなどすれば
それは「著作物」を侵害しているので「著作権侵害」になります。
しかし、モナリザと同じポーズの別人の絵を描いた場合、それは著作権侵害には当たりません。
描かれている対象がモナリザではないからです。

著作権法ではアイデアにまでその適用範囲を広げてしまうと、創作の範囲を狭めてしまうという設計思想があるため、
例え類似の作品が2つあったとしても、そこに著作権法が適用されることは稀です。
(コンセプトアートなどのコンセプト:アイデアが幹になっているものに関しては、それが言及される場合もあります。)

しかしネット上では、構図が似ている、トレパクだ、盗作だと鬼の首を取ったような騒動が度々勃発します。
そういった炎上回避の上では、
インスパイア:元ネタから影響を受けた
オマージュ:元ネタを尊敬している
パロディ:元ネタを知ってる人は楽しめる
パクリ:元ネタを知られると困る
この違いさえ抑えておけば大丈夫です。

またポーズや構図を参考にした場合も、
「写真参考です」「習作です」とキャプションに含めれば特に問題はありません。
同人誌などの作品で参考を多用する場合は、きちんと自分で噛み砕いてから、
自分なりの表現になっているかを考えた上で行えば問題ないかと思います。

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。