ID: CicXKuNO4ヶ月前

一つの分野に特化しているけどその他の分野のことに関しては何もでき...

一つの分野に特化しているけどその他の分野のことに関しては何もできない人と、
一つ一つの分野はヘタクソだけど大抵のことをこなすことが出来る人はどちらが凄いですか?

とあるサイトで「お金集めてすごいクリエイター雇いたい」という発言がありました。

それはすごいとは思うのですが、
ヘタクソでも自前ですべてそろえたほうが作り甲斐があると思いました。
あの発言の動機も「同人誌を作りたい」だったので、
クリエイターを呼ぶにはどうも場違いだと思いました。
一人で作れば、
下手でも全部自分でこなすので極端にレベルが違うという事故が起こらなくてよいと思いました。

しかし、一方で「ある分野ではプロレベル」という実力は確かに魅力的に思います。
現に、大手サークルだったり、プロで活動しているような人は
オールマイティより特化している人の方が多いです。
ああいった魅力的なものはなかなか作れないです。

そう思って質問なのですが、
一点に特化する人と、なんでもできる人はどちらが優れていますか?

物騒な質問ですみません。
少しキレかかってる状態でしたので……

みんなのコメント

ID: CDcpwv1W 4ヶ月前

>一点に特化する人と、なんでもできる人はどちらが優れていますか?
どちらも優れた人材です。

>ヘタクソでも自前ですべてそろえたほうが作り甲斐があると思いました。
>あの発言の動機も「同人誌を作りたい」だったので、
>クリエイターを呼ぶにはどうも場違いだと思いました。
完成度を高めるために分業するのはおかしなことではありません。小説同人誌の表紙をイラストレーターに依頼するのは一般的です。小説を書いた本人が作成する場合でも、他者が作った写真、イラスト素材、フォント……他の方が作った素晴らしいものをお借りしていることが殆どです。

>一人で作れば、
>下手でも全部自分でこなすので極端にレベルが違うという事故が起こらなくてよいと思いました。
どんなに優れた小説であっても、表紙の絵が子供のらくがきレベルでは人の興味を引きません。表紙に見合ったこどものらくがきのような小説だと思われる可能性が高いです。
中身に見合ったものにするために他者の力を借りることはなにもおかしいことではありません。

ID: q9u6jHb3 4ヶ月前

浅く広くはジェネラリスト、狭く深くはプロフェッショナルです。
どちらもそれぞれ優れた人材ですが、求められる場面は異なってきます。

ジェネラリストは主に「判断する」「まとめる」役割に求められるスキルです。
日本の会社では「管理職」なんかが主にそれに当たりますね。
旗振りする指揮官、アドバイスするコンサル、総合病院の看護師、なども。
幅広い知識と現場での経験がなければ出来なかったりします。

プロフェッショナルもまた欠かせない役割です。
企画された商品を制作する技術部の職人、命令の通りに正確な砲撃を行う砲兵科、外科手術を行う執刀医。
専門分野だからこそ信頼され任せることが出来るわけです。

また、プロフェッショナルとジェネラリストの中間、みたいな人だって世の中にはたくさんいます。
むしろそっちの方が多いかと思います。

「同人誌作りたい」もまぁどんな同人誌かは分かりませんが、要は出版会社の編集者みたいなものですよね。
例えば「合同誌」企画なんかもやってることは編集に近いわけですが、じゃあ企画主が神絵師だとしたら成功するでしょうか?
「あの人の本に載る!」とやってくる人もいれば「あの人と同じ本に載るなんて恐れ多い」と逆に引いてしまう人も。
また神絵師だからといって合同誌のノウハウがあるとは限りませんし求められるスキルもまた変わってきます。

ただまぁそもそも「同人誌を作って頒布する」こと自体が、ややマニアックで専門的なことだったりします。
一般人が入稿の仕様だったり紙質だったり知らないでしょうし、そもそも「本にする」ためのマニアックなコンテンツを用意出来なければ形にすらなりません。
だからこそ同人界隈は尖った専門タイプの人が多いんです。

日本ではプロデューサーのようなジェネラリストは職としても認められにくく、また評価もされにくい風潮ありますからね、個人的には応援していきたいな、とは思っていますが。

こちらの投稿もおすすめ