ID: zdq9hgxM約2ヶ月前

半分近く愚痴なのですが、気持ちのやり場に困っているので聞いてほし...

半分近く愚痴なのですが、気持ちのやり場に困っているので聞いてほしいです。フェイク入れてます。

私が活動しているジャンルはシリーズとしてとても長く続いており、10作ほど出ています。このうち2作が推し作品で同人もやっています。この2作をA、Bとします。
さらに公式から過去作の続編にあたるものが出たりするのですが、その続編(仮にXとします)の作品A要素が私にとって解釈違いでした。

作品Aは主人公が死亡して終わるのですが、その主人公本人は満足しているといういわゆるメリバです。設定としては主人公が死ぬ以外に解決法が無かったと言ってもいいです。
しかし作品Xでは作品Aの世界観や設定をガン無視して、主人公を生き返らせてハッピーエンドというものでした。
何か色々あったけど生き返りました、という内容自体は二次創作なら読めた(実際そういう話がある)のですが、それを公式で、しかも設定ねじ曲げてまでやるのか…と急激に冷めてしまいました。

一方作品B要素に関しては、やや矛盾はあってもAと違い"設定を覆した"わけでは無かったので、どちらかと言えば好きな話でした。こちらも原作で死んだキャラクターがいますが、結局死んだ命は戻らないという話で終わります。

最初にAとBが推し作品と書きましたが、最近書いてるのが圧倒的にBばかりになってきました。どちらも原作は大好きなのですが、どうしても作品Xにおける作品Aの設定を許すことができない、Twitterでも解釈が真っ二つに割れて居心地が良くない、というのが本音です。
作品Xのことを忘れて、原作寄りの作品Aの話書きたい…と思うのですがXの存在がちらついていて悲しい気持ちになっています。

みなさんは好きな作品の続編に納得できなかったら、どうしていますか?
ちなみに作品A、B、Xは全て違う人が書いています。

みんなのコメント

ID: RspiqwWN 約2ヶ月前

Xは続編というか、大集合系のクロスオーバー作品でしょうか?

大集合系の作品によくあるのは「キャラが生きてないとクロスオーバーさせられない」という都合があったり、
原作とは違うifエンディングを敢えて採用してファンの夢を叶えるという意図があったりもします。
ぶっちゃけ、大人の都合だったりします。

好きな作品、好きなキャラの好きなとこだけ抽出して汲み取ったんで良いんじゃないでしょうか。
私はそうするようにしています。
◯◯時点のキャラが好きなら、それ以降の作品に触れても◯◯時点が好きなままですし、
場合によってはそれ以降は「なかったこと」にしちゃいます。

キャラデザが変化したりするのも考えものだったりします。
そのため、私は「◯◯のキャラデが好き」と限定することも多々あります。
最近のゲームはCGに物を言わせて複雑な服装がとても多くて描きづらいのもあって、正直あまり好きではありません。
シンプルながらもシルエットとして特徴的な00年代くらいまでのキャラデザが個人的には好みだったりもします。
そのため、同じキャラでも新しいキャラデではなく古いキャラデのファンアートを描いたりはよくします。

シリーズが長いと「黒歴史」とされる作品が出てきたり「蛇足」の部分があったりします。
そういうところも含めて愛するのもファンの姿勢の1つでしょうが、好きなとこだけ見れば十分だろう、と。

ID: トピ主 約2ヶ月前

コメントありがとうございます。

仰る通りXは大集合系のクロスオーバーで、かつ過去作の後日談を含んでいます。
作品Bの方は失われた命は戻らないっていう結論だったのに、どうしてAの主人公は生き返らせたんだ…と悶々としてしまいます。

後日談なので、キャラデザがやや違うというのはあったのでこの時点のが好きという気持ちはとても分かります。(こちらはキャラクターが歳をとって成長したという設定ですが)

私は原作の設定を著しく否定する二次創作者が苦手だったのですが、Xの一件以降分かるな…と思うことが増えました。
結局Aに関してはXの話を許せる気がしていないので、原作至上主義でいようかなぁという感じです。

ID: weJdFSvj 約2ヶ月前

好きじゃない続編はパラレルということで全然気にしてません。作者が違うならなおさらです。
さすがに「これこそが本当に描きたかった展開なんだ」と原作者がコメントを出していたり実は原作者監修の上だった場合は凹むかもしれませんが……。
ですがやはり、もともと予定されていた続編(例:三部作の長編ゲームや分割2クールのアニメなど)でなければそれは「別タイトル」ということで割り切ってしまっていいと思います。私ならそうします。

ID: トピ主 約2ヶ月前

コメントありがとうございます。

作品Aの直接の関係者がXに対して難色を示しているのが、悲しいことに救いでもあると思ってしまいます。やっぱり原作の設定ガン無視してるよなぁと…。

作品Bの要素が好きだっただけに、A要素がこれでもかというほど解釈違いだったことが本当に悲しいです。
Xの設定的にパラレルということにもできるので、自分の中では無かったこと、あるいはあり得たかもしれない話くらいに留めておこうかなと思います。

こちらの投稿もおすすめ