ID: N0sH5TCl4ヶ月前

長編の書き方 漫画でも小説でも、短編、数ページネタなら書(描)...

長編の書き方
漫画でも小説でも、短編、数ページネタなら書(描)けるのですが、1つのテーマの長編が描けません。おそらく、話に起伏をたくさん作るのが苦手で、1つ山を決めたらそれだけしか書けないタイプなのかなと思っています。
同じような状態から長編を書けるようになった方は、どういう練習やインプットをされましたか?元から長編書きさんのご意見も伺えたら嬉しいです!
よろしくお願いします!

みんなのコメント

ID: 4RrXZCsW 4ヶ月前

一次、二次創作両方経験した字書き兼絵描きです。
あくまで素人の意見ですが、短編も長編も基本的には考え方は一緒で「起承転結」でストーリーが成り立つと思っています。
トピ主様のいう長編で感じる「起伏をたくさん」というのは、「起」の中にも更に「起承転結」を作って話を深くするという事なのかなと思います。
ただページ数や字数を増やしたいと言う理由であれば似たような事を繰り返すのが一番簡単です。
例えば恋愛ものであれば、デート一回で相手を好きになるか、それともデート三回経て相手を好きになるか。みたいな違いですね。デート三回分書けば自然と字数、ページ数は増えます。冒険者であれば魔王を倒す為に仲間を一人見つけて倒しに行くか、三人見つけて倒しに行くか。

あと沢山起伏を作りたいと言うのであれば、大まかなストーリーの流れを最初に作ってそこに後付けのように小さな出来事を付け加えていけば良いと思います。
例えば推理小説で例えると
起:ホテルで事件が起こる、承:食堂で証拠を見つける、転:犯人を見つける、結:犯人が捕まる
と、おおまかなストーリー作った上で、更に

起:ホテルで事件が起こる(しかしその時に主人公の探偵が犯人と疑われてしまったが、自身のアリバイを一つずつ説明して身の潔白を証明する→疑いが晴れたので漸く事件解明に取り掛かれる)
承:食堂で証拠を見つける(しかし見つけた証拠が犬に取られてしまって山の中まで探しに行って餌を使ったりして取り返す、その山の中で新たな証拠を発見する)
転:犯人を見つける(しかし一番大事な部分を見落として初め別の人を犯人と言ってしまうが、容疑者たちと話しているうちに犯人のボロが出て真犯人を見つける)
結:犯人が捕まる(しかし犯人が逃走してしまい、人質を取られて一悶着あって再び犯人を捕らえる)

と、( )の中のような新たな出来事を付け加える事でトピ主様の求める起伏が多い長編になると思います。ただ、( )の部分はなくても全然ストーリーには問題ないので、削ればあっさりとした短編になります。
長編で常に目が離せなくて飽きなく魅力的な展開は憧れますが、あまりくどくなりすぎると「今主人公は何の目的で犬を追いかけてたんだっけ?」となりかねないので程度も重要ですね。

トピ主さんは既に簡潔な短編を書(描)かれているとのことなので、そこに少しずつ思いつく限りで各パートに小さな出来事を追加していくと自然と物語が長くなるのかなと思いました。

ID: トピ主 4ヶ月前

詳細で具体的なコメントありがとうございます!
おかげさまで、今まで漠然としていた起承転結の中で膨らませていく方法がクリアにイメージできました。ベースとなる骨格をしっかり決めておくことと、バランス感覚が重要なんですね。
まずは過去に描いた短編をどこまで膨らますことができるか練習してみようと思います。

ID: PhU8e6xq 4ヶ月前

以前、創作仲間と「物語を作る人は、シチュエーションが描きたいタイプと、感情の変化を描きたいタイプに分かれるのではないか」「シチュエーションタイプは作品が短くなりがちで、感情の変化タイプは長くなりがちなのではないか」ということを話したことがあります。

私自身はそこそこ長めも書く字書きですが(短くて1万文字、一つの話で10万文字、シリーズだと16万文字以上)たしかに後者の「感情の変化を描きたい」タイプです。
メインキャラクターが物語を通し、どう変化、成長するかを先に決め、そのあとで、そのためにはどういった出来事が起こればいいのかを、プロットを立てつつ詰めていきます。
感情の動きを表現することが目的のため、その変化をスムーズにするため、出来事や会話がどんどん増え、結果的に長い話になる感覚です。
逆に、シチュエーションタイプの方は、浮かんだ山を書くのが目的になるので、話が膨らみづらいのかもしれません(このあたりは想像です)

なので可能かどうかはわかりませんが、一度、出来事やシチュエーションより、感情の変化を目的としてプロットを練ってみてはいかがでしょう。
そうすればおのずと、そのためのシーンが浮かび、長編になるのではないでしょうか。

ID: トピ主 4ヶ月前

モチベーション方面からの考察ありがとうございます!
おっしゃられる通りだなあと思いました。確かに短編書きの私は「こういう場面(のキャラクタ―※二次なら)が描きたい」という動機で常に書いています。極端なときは一枚絵を描いた後浮かんだネタを付け足す、みたいなこともしています。
「感情の変化」は作品を考えるときの視野に入れていませんでした。そこを突き詰めて一本考えてみたいなと思いました。

ID: EhldpLe4 4ヶ月前

二次創作の小説を書いています。トピ主さんと同じく短編の方が好きだし得意ですが、何度か長編にもチャレンジしています。

わたしの場合は、短編で書きたいネタは短編で「良さ」を発揮すると思っているので、無理に延ばすよりも、短編の長さで一つの山を作ったらさっさと話を纏めてしまいます。そして、続きとか前日譚という形で、同じ登場人物、同じ設定で別のネタの短編を新たに書く、という感じです。

この短編連作の形に慣れたら、最初から「一番書きたい話」を軸に据え、前後にどんな話を持ってくるかの計画(プロット)を立てることができるようになり、長編の執筆につながりました。
8000字〜10000字くらいを一つのブロック(一つの出来事を描く)として、4〜6ブロックを組み合わせる形でプロットを立てています。

インプットは、三幕構成に関する本を読みましたが、正直Wikipediaの「三幕構成」の項目を読むだけでもよかったな……と思っています笑
特に、「一幕目の最後に本当のテーマを提示する」という組み立て方がわたしにはしっくりきました。なので、先述したプロットの最初のブロックの最後で「一番書きたい話(物語のクライマックス)」につながる伏線やセリフを入れるようにしています。

あとはモチベーションと根気ですね。どうしても執筆期間は短編よりも長くなるので……。
わたしは、気心知れた創作仲間に「長編書いてるから応援して!」と時々お願いしたり、気晴らしに全然関係ない短編を書いたりしてモチベを維持しています。ほんの少しでも良い、最悪書きかけのデータを開いて閉じるだけでも良いから毎日書きかけの作品に触れるのも心がけています。

わたしは短編には短編の良さがある(クライマックスまですぐに辿り着けるとか、短い分読み手が前後や行間の出来事を想像できて趣があるとか、気軽に読んでもらいやすいとか)と思っていますが、長編にチャレンジしたい気持ちもすごくわかります!
一緒に頑張りましょう!

ID: トピ主 4ヶ月前

コメントありがとうございます!もう一度トピック確認しに来てよかったです。
連作短編、いいですね…短編書きへのハードルが低いような気がします。「三幕構成」も初めて聞く言葉でした。wikipediaをざっと確認してまいりましたが、仰られる通りかなり詳しい解説があったので後程じっくり読んでみようと思います。
完成スパンの変動に見合ったモチベーション維持の工夫は大事ですね。
近い立ち位置からステップアップされた方のノウハウ伝授に感謝です。頑張ってみたいです。

今盛り上がっているトピック

/topics/5935

ジャンルが流行って数年が経ち、だいぶ閑散としてきたジャンルで活動しています。それでも自分の好き度は変わらなくて、つ...

/topics/6108

長めの作品を書くのが辛い。 字書きです。今いるジャンルは若干特殊で、自カプの連載形式で二次創作してる方が多いです...

/topics/5516

作品をパクられました。余りにも悲しいので吐き出させて下さい。 字書きです。交流無し、黙々と壁打ちです。界隈の大手...

/topics/5866

字書きです。 読むのも好きで、話の内容などに好みの差はあれど、文章そのものはよほど読みにくくなければ大概読みます...

/topics/6165

一部の雑食の方が苦手です…。 最初に、雑食の方を非難する意図はないのはお断りしておきます。 私はガチ固定(...

/topics/6164

Twitter、フォローされる事とイイネされる事とリツイートされる事、 ひとつ選ぶとしたらどれが嬉しいですか? ...

/topics/6163

絵描きさん、字書きさんに質問です。 マシュマロを設置してよかったこと、悪かったことを教えていただけないでしょうか...

/topics/6162

同人用個人サイトを持ってる方の、「サイト作って良かった」「サイト運営楽しい」という話が聞きたいです! 自分は...

/topics/6161

前ジャンルの粘着がしつこい 愚痴を吐かせてください 前ジャンルでしつこい粘着がいました 匿名掲示板での画...

/topics/6160

これって村に足を踏み入れたのでしょうか? あるマイナージャンルでいいねを下さった方々と相互になってから困惑し...