ID: JtyNk5mr10ヶ月前

最近よく「スペースはここです!」と言って、明らかに自作ではなく公...

最近よく「スペースはここです!」と言って、明らかに自作ではなく公式で発表されているだろう配置図に丸印等で囲んでスペース案内してる人のツイートを見るんですが、以前はこの行為が無断転載に当たると話題になっていた気がするのですが、結局のところどうなんでしょうか。

2

みんなのコメント

ID: 48cAYBux 10ヶ月前

厳密には確かに無断転載になりうると思います。商業雑誌や漫画などのページをツイッターにあげてはいけないのと同じですね。

ただ、これは同人という特殊なジャンルだからこそ許されている点もあるかと思います。
運営スタッフもSNSを見る限りは黙認していますよね。

法律的に・・と言われると多分アウトですが、ある意味配置図と一緒に告知することが文化にもなりつつあるので流れは収まらないかなと。

ID: FJe0ZK7B 10ヶ月前

やっていること自体は無断転載に留まらない無断加工ですね。
ただ1つ特殊な事情としては、東京ビッグサイトでのイベント内の配置図という点です。

例えばホールでコンサートが開催されるとなれば、
スペースを貸すホール側としては、ホールまでのアクセス地図の画像などもコンサート主催側に提供したりします。
用途してはチラシやWEBサイトへの掲載が多いですね。
コンサート主催が地図まで0から用意していたのでは手間ですし、
そもそもコンサートイベントという中身があってこそのホールですから、そこは協力的だったりします。

コミケも同じで、イベントとしてコミケという箱を用意しても、肝心なのは中身の出店サークルだったりします。
だからこそ、自スペ位置を強調するためにサークル配置図の一部が使われていても、
それによって参加者同士がスムーズに頒布活動、買い物が出来るなら、と黙認している状況だと思います。

そもそも無断転載や著作権侵害が問題になるのは、勝手に使われることによって製作者がマイナスの影響を被る場合がほとんどです。
例えスペース告知で配置図の一部が使われていたとしても、むしろイベントの盛り上がりに寄与していますし、
サークル参加者は参加料もシステム利用料も払っているので、
そういう意味では配置図の一部を自スペへのアクセス図代わりにする権利を有している、とも捉えることは出来るかも知れません。
(もちろんこれらは私自身の解釈ですので、公式に問い合わせたわけでもありません。)

権利を主張しすぎると、かえって不便になることもあります。
だからこそ本来持っている配置図の著作権を「主張しない」選択もありえる、ということです。

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。