ID: UMX5inPt25日前

検索エンジンサイトで、自分のPNのエゴサが怖くて出来ません。 ...

検索エンジンサイトで、自分のPNのエゴサが怖くて出来ません。
しかし、自分は例えば人にオラオラと喧嘩を売ったり何か特別問題行動(トレパクなど)起こしているとは思っていませんし、潔白だと自分は思って創作をしています。
(そもそも、人とそこまでSNSで絡みたがるほうではないですし、絵も下手ですが自力で頑張って学びながら絵を描いています。)

ですが、「心が強い人」や「潔白の自信がある人」って、何食わぬ顔でエゴサって出来ますよね?

怖くてできない自分は「臆病者」であり、「おかしい」、「弱虫」なんでしょうか…?

2

みんなのコメント

ID: 4uU7dYie 25日前

いや、別にエゴサする人が心が強いわけでもエゴサしない人が臆病者なわけでもないと思いますよ…?
「他人の評価なんて関係なく自分の好きなものを突き詰めていける自分の作品に自信のある人」や
「他人に評価されないと自分の作品に自信が持てない臆病者」もいると思いませんか?

自分から品評会みたいなのに応募しても批評結果を見るのはすごく怖いものですから、別に応募してもいない状態で自分の作品や自分の事がどう評価されてるのか…って考えたら怖いのも当たり前です。
エゴサなんてしたい人はすればいいし、したくない人はしなくていいのだから気にする事ないです。

ID: VJWIFTEl 13日前

私もエゴサはしたことないし、怖くて出来ないという気持ちに共感します。
べつにやましいことがあるとかではなく、人の感じ方は様々なので、誰かの悪気のないコメントでも、自分にとっては嫌なこともある(その逆も)というのを経験して知っているからです。

それがおかしいとかは思ったこともありませんでした。
繊細とか感受性が強いという自覚はあるので、自衛ということになると思います。
自分で自分の限界が分かっていて、気分を乱されそうな対象を避けて行動するというのは、悪いことではないはずです。むしろ大人として大切なことではないでしょうか。

何でも楽しめるならばともかく、嫌な気分を引きずると分かっていながらツイッターをしたりエゴサをしてしまうのは、悪いと分かっていながらお酒やお菓子をやめられないような、一種の依存状態だと思うので。

心が強いからエゴサできるというよりは、満たされなさや退屈から逃れるために、少々傷つくことと引き換えにでも強い刺激や承認を求めてしている人も多いのではないでしょうか。

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。