ID: 2XJpNU9e2019/09/22

自分の実力のなさに落ち込みます。 斜陽ジャンルでオンオフとも活...

自分の実力のなさに落ち込みます。
斜陽ジャンルでオンオフとも活動しています。
通販合わせて50部が一回で完売する程度のサークルです。
更新すると感想をもらえるので、一定の支持はされていますが、ジャンル上限には程遠く絵馬ではないため熱狂的に支持はされず、いれば買う程度のサークルだと思います。
もっと読み手を夢中にさせるようなサークルになりたいのですが、足踏みばかりで自分のふがいなさに苛立ちと気落ちします。
才能の一言で終わらせるのは簡単ですが、できうる限り理想に近づきたいです。
読者に支持されるサークルになるためにどのようなことをしていけばいいか、ご意見ください。

みんなのコメント

ID: EVycL81k 2019/09/22

私の好きなサークルさんたちは特に絵が上手いわけではなくいわゆる人気サークルというわけでもないのですが、作風が好きなので好んで買ってました
トピ主さんもそういう読者さんがいると思います
私もあまり本人に伝えないのでそういう存在は見えにくいかもしれませんが…

支持されるためには、自分が萌えながら描くことだと思ってます
技術的な話は置いておくと面白くするにはそれしかないかなと…
しいていうならテーマは万人ウケするものを選びます
健全モノよりエロのほうが需要はあります
オフばかりでオン活動はしないので参考にならなかったらごめんなさい

ID: pEuhlTX9 2019/09/23

自分の感覚だと、落ち着いてるジャンルで1回50部って結構多いのではと思いますが(自信を失っているのでそういう書き方になっているのでしょうか…)
ただ、数を比べることはあまり意味がないように思います。自分より多い人を探して延々と比べ続けてもしょうがないですし、それで疲弊してトピ主さんの言うように足踏み・気落ちしている時間が勿体ないですから…。

上の方がおっしゃるように、コンスタントに支持している人はちゃんといらっしゃるんじゃないでしょうか。表面的に熱狂的に支持されたいということであれば、熱烈感想募集してRTしまくるとかもできると思いますが、逆にそういうのを見るのが苦手な人がそっと去っていったりもしますので、他人の良く見えるところだけ部分的に取り出して比べてると落ち込む原因になると思います。誰かに対抗して勝とうとすると、相手の得意な土俵に強制的に乗ることになり結局負け戦になるので、戦わない(=相手の土俵に乗らない)のが勝ち…ということも聞いたことがあります。
表現の底上げのためにもっと心を動かす物を作れるようになりたい!ということでしたら、例えば脚本術を学んだり、トピ主さん自身がいろいろな表現に心を動かされる経験をして、それをトピ主さんなりの視点で分析し取り込んで引き出しを増やして行くしかないのかな~と思います。
これをやったら必ず報われるというメソッドは存在しないので、(それがあったらオタクは全員壁サークルになっちゃいます) プロも含めて、みんな手探りでやってるんだと思います。トピ主さんが楽しいと感じられるものを突き詰めていくのが一番いいんじゃないでしょうか。

こちらの投稿もおすすめ