ID: S1FW7qmE9ヶ月前

メジャージャンルのマイナーカプで活動しています。自カプのABが書...

メジャージャンルのマイナーカプで活動しています。自カプのABが書けなくなりました。また楽しく書けるようになりたいです。
私が書くまで、ABの作品は一件もありませんでした。ひたすら作品を投稿していたら、ありがたいことに私の作品を読んでABを好きになったという感想を様々な人からいただきました。
中でもよく感想をくださるのがAさんでした。誰とも交流する予定はなかったけど、Aさんとなら交流してみたいと思い、積極的に話すようになりました。AさんとはABの話で盛り上がったり、おたがいに作品を書きあったりと楽しい日々を過ごしていました。
しばらく経ったあと、AさんはABだけではなく、メジャーなCBも好きだということが発覚しました。私はAB固定でほかのB受けは地雷で、中でもCBは視界に入れるのもつらいカプでした。
やがてAさんは「作品もたくさんあって書き手もいっぱいいるから」とCBにはまり、さらには「ABはもう書かないけどCBは書きたい」と言いました。
ショックでした。所詮数の多さには敵わないんだと。ABの貴重な同士をCBに奪われたと幼稚な被害妄想までしてしまいました。どのカプを好きになっても書くのも個人の自由なのに、Aさんを束縛しようとした自分はなんて惨めだと。逆にAさんにABの同士という役割を押し付け、負担をかけていたんじゃないかと。そんな風にAさんの身を案じるのも、自分の醜い感情をごまかすためのエゴなんじゃないかと。様々な感情が渦巻き、最終的にAさんとの縁を切ってしまいました。

この一件以来、ABを書く気力が失せてしまいました。振り返ると私の書いたABを読んでくれたりブクマしてくれる人はB総受けの人、CBを始めとした他のB受けが本命の人、雑食の人ばかりだということに気づきました。ABが本命の人はひとりも見当たりません。
ABの書き手は私ひとり。ひとりでどんなに増やしても、書き手の多いカプには勝てない。投稿した作品を読んでくれるのはABが本命ではなくて、ABの作品がなくても困らない人たちばかり。増やしても意味がないんじゃないかと絶望しました。
ABの書き手や作品が増えてほしい。そのためにはまず自分から増やして布教するしかない。けれど書けない。筆を置いている間にも、ほかのカプは書き手も作品もどんどん増えている。早く完成させなきゃいけない。だけど筆が進まない。焦燥感や義務感に追われて書いても楽しくない。悪循環に陥っています。
純粋にABが好きで無我夢中で書いていた頃に戻りたいです。私が読みたいから書く!という精神を取り戻したいです。

みんなのコメント

ID: iamEyhVY 9ヶ月前

私もメジャージャンルのマイナーカプで活動しているので心中お察し致します…私の場合AB固定派ですがCAやADの方がとても人気で、何度もカプオンリーをやったり書き手や作品数も段違いなので心の中で嫉妬することもよくあります。Bの方も総受け気味だったりEBやFBなどの組み合わせがちらほら見かけるのでダメージを受けますし、同じAB好きだと思ってたフォロワーさんがAD好きとこっそりショックを受けた事もありました。

Aさんの件は残念でしたが、それはたまたまAさんが「作品に触発されて一通り書ききったら満足して次へ移るタイプ」だったのではないかと。このジャンルではこれだ!というカプを持つ人では無かったんだと思います。それでトピ主さんが自責する必要も無いと思うし、すでに縁を切ったならAさんともう関わる事は無いけど作品書いてもらったしラッキーぐらいの気持ちでいいんではないでしょうか。
あと、トピ主さんが作品を増やすことに躍起になっていますが、例えばツイッターとかでABについて呟いたりするだけでも布教になるんじゃないでしょうか?AとBのこの関係性が最高、とか○○なABって良くない?とか。
個人的な見解ですが作品を書きまくると「この人が書いてくれるから私は書かなくていいや」と思う層はどこにでもいます。冒頭でABを好きになったと言ってくれる人もおりますし、メジャージャンルなら新規の方も入ってくるでしょう。そういった方たちがABを見た時、新参者だけどABハマった、作品数は少ないけど同士がいるし書いてみようかな?と思う人は出てくるんじゃないでしょうか?
トピ主さんが焦りや義務感で書けないの経験したことがあるのでわかります。嫉妬やショックで意外と簡単に精神はやられてしまうので、マイナスな気持ちになるものはなるべくシャットアウトして好きなカプに想いを馳せて楽しい気持ちを蘇らせてからでもいいと思います。気持ちが落ち着いたら、書きたいものも見えてくるはずです。
トピ主さんが今まで書いてきた作品は絶対無駄じゃないですよ。

ID: WXYvMa0O 9ヶ月前

私もメジャージャンルのマイナーCP固定の描き手なので同じような境遇です。
ほとんどの人が『メインはCBやDBだけど、ABも美味しいからついでに描こう』というタイプです。
ちょっと前にABで繋がっていた相互さんが流行りのCBに偏り出し、ワードミュートも機能しないほどCB語りばかりになってしまい、結局リム→リム返しが起きて疎遠になりました。
それがトピ主さんにとってのAさんとの事に近いかなと思ったのですが、私の場合は『もっとABを描いてAB大手になってやる』と、ABへの執着心が増す結果になりました。

私をフォローして下さる方もほとんどB受け雑食ですし、ABに興味なくして離れていく人も多いです。
でも『ABに興味を持ってくれた』『ABのことも好きになってくれた』という事実だけを嬉しく思うようにしています。
トピ主さんにもブクマや感想をくれる方がいらっしゃるのですから、その人達のAB好きという気持ちだけにフォーカスするのは難しいでしょうか?
なくても困らないではなく、読者さんはトピ主さんの作品を見た時『美味しいABが見られて嬉しい、ABいいな』と思ってくれたはずです。
他カプ名や他カプ大手さんをミュートしたりして視界に入れないようにすれば、比較してしまうことや、世の中に他カプが増えていく…という焦燥感も薄れるんじゃないかと思います。

トピ主さんがどれくらいの期間活動されてらっしゃるかわかりませんが、世界のどこかでAB本命の同志が生まれるのは来年かもしれないし、明日かもしれないです。
その未来のAB同志が現れた時、トピ主さんがAB筆頭の描き手としてそこに居続ければ、いつでも出迎える準備ができていることになりますよね。
増やしても意味がないとネガティブな考えになってしまうのもわかりますが、意味はあります。
トピ主さんの描いたABに萌えてくれる人がいて、その時点でABの良さを伝えるのに成功してるのですから、他カプ好きの人にもABの魅力を押し売りしていこう!くらいの気持ちにシフトできたら楽しくなってくると思います。
長々と失礼しました。

ID: トピ主 9ヶ月前

トピ主です。お礼が遅くなりましたが、相談に乗ってくださり、ありがとうございます。
同じような境遇の方々からの意見が聞きたかったので助かりました。どれも共感しながら読ませていただきました。マイナーカプでつらい思いをしてきたのは私だけじゃないんだな、と心が楽になりました。
ずっとABの書き手が増えない悲しみや、ABの作品が書けない自分に対する苛立ちに支配されていましたが、徐々に和らいできました。やっぱりABが大好きだ!ABが書きたい!という情熱が蘇ってきました。
自分のペースでABを愛でて、作品を増やしていこうと思います。改めて、ありがとうございました。

こちらの投稿もおすすめ