ID: HFW5wDBC約1ヶ月前

愚痴です。 同人誌を買わなくなった理由はWEB再録でした。...

愚痴です。

同人誌を買わなくなった理由はWEB再録でした。

好きな方たちが立て続けに最近出した…と言っても半年くらい前ですが、同人誌をWEB再録しました。
WEB再録は別に良いのですが、買った側からしたら再録されるのなら買わないで待っておけば良かったという考えになってしまい、その後その方達の新刊のサンプルをみてもまた再録されるだろうしな、と欲しいとは思えなくなりました。
たとえその新刊が再録されなくとも別にいいや、な気持ちになってしまいました。

あまり早くに再録されるのもなんだかなぁです。
作者さんの作品なのだから再録する事にこちらが文句言うのも何なのですが、買った側からしたらそんな気持ちにもなりますよ。決して安くない金額で買って交通費も入場料も体力も使って手に入れたものをもう公開しちゃうんですね、と。

ご意見あれば聞かせてください。

みんなのコメント

ID: VQ7AgJZ2 約1ヶ月前

お気持ち凄く分かります!あまりにも再録早いと?となってしまうんですよね心情的に。
私の好きな作家さんも頒布後1年でWEB再録して一気に冷めたことがあります。ちなみに一次創作です。作った物を早く見てほしい気持ちは分かるんですけど、本を買う優先順位はどうしても下がるし最悪作家自体に興味なくなりますよね…。
自分の本を安売りしないで貰いたいです。それに買い手にも予算があるので、何のためにお金出して本買ってるのか考えてほしいなぁとすら思います…。

ID: sF5aZwrC 約1ヶ月前

私は特に何も思わないタイプです。
素晴らしい作品なら何度でも拝読したいし、手元に残しておきたいからです。
そのためなら体力も金額も糸目をつけずに手に入れようとしてしまいますね…。それに作者様への応援の気持ちもありますし。
ネット上の公開や再録って、いつか削除される可能性もあるじゃないですか。
だから何度でも読みたい人は買って、一度読めればいいタイプの人は再録を待てばいいと思うし、好き好きなのではないかなぁ…と。
再録の時期については仰る通り作者様の自由なので何も思いません。

ID: 9Gc02XZa 約1ヶ月前

過去トピですが、Web再録読んで満足して本を手に取らないという話が出ていたので。
https://cremu.jp/topics/2245
私のまわりでもそんな話を聞きます。1冊だけ過去にWeb再録をしたことがありますが、その後直近のイベントで出した本が一時的に完売して在庫切れになっている期間に「Web再録はいつですか?」というマシュマロがきたことがあります……。
手っ取り早くネットにボリュームのある作品を掲載できるのでやってしまいがちですが1度立ち止まって考えた方がいいかもしれないですね。

ID: eNzLPdxI 約1ヶ月前

わかります。自分も同じ理由で、1年以内にweb再録する作家さんの本は買わなくなりました。再録されたからもういいか、と本を手放す事もあります。自界隈、期間限定再録であっても、すぐ期間限定を復活させる作家さんが多いからかもしれません。一旦webに上がれば場所問わず繰り返し読めてしまうから、本を持っている意味が薄れるなと思ってしまいますね。

ID: l8pJ0RSv 約1ヶ月前

本当に好きな作家さんや、好きな本ならweb再録されても紙で手元にあるから当時買えてよかったという優越感が残る。
そこまででもないかな?という本ならweb再録で済ませてもいい。
好きな人が出した本なのにweb再録されたからお金がもったいないというのは‥正直わからないです。
描いてる人はあまり知らないけど、推しジャンルだから、推しカプだから、ちょっと初見で気になったから‥くらいの本だと、そうなるかもしれないですが‥
あと、人によるかもしれないですが、やっぱ紙の方が読みやすい。
何を優先するか、人によりますよね。

ID: JaUBc5zm 約1ヶ月前

残り数冊です、再販しません。って呟かれてて買ったら一ヶ月後に期間限定web再録が二回もされてがくっときたことがあります。(一回目頒布日から半年以内です)
その時はその人の本はもう買わないかなって思いましたね。

ID: 0Sjlr1VN 約1ヶ月前

通販で買った次の日に「在庫切れになったのでWEB再録します」っていうのはありましたが、最後の一冊を買ったのは自分かもしれないと思い嬉しかったです。

少数派の意見かもしれませんが、買ってちょっとでも還元できたほうが嬉しいんですよね…好きなお絵描きさんにできればずっと推しCP描いててほしいのですができることがないので、せめてお金を…。
あと描いてる側が作品を非公開にしてもアカウントを消されても手元に残るところがいいなと思ってます。

人それぞれ価値観は違うのでトピ主さんが再録にショックを受けたお気持ちもわかる気がします。
もう本を買われないかもしれないですが、WEB再録されることを知ってても本を買う人間がいるんだなぐらいに思ってもらえたら嬉しいです。

ID: トピ主 29日前

トピ主です。皆様ご意見ありがとうございました。色々な見解があり、なるほど、と思いました。
私としましては、本そのものに固執しておらずどんな形でも作品を読めればいいスタンスでしたのですぐにWEB再録されるならその本は要らないのです。
完売してから一年、二年前、さらに昔のものでしたら何も思わなかったかもしれません。その本は手放しますが。
回答してくださった方が仰っていましたが完売した次の日にWEB再録する方の神経も疑います。

いろいろな思いがあると思いますがWEB再録される方には買った側の気持ちも少し考えて欲しいと思います。一部とはいえもうその人の本は買わないという人もいますので。

ID: nNFyKOGb 29日前

同人誌を作る側の人間です。Web再録もします。
個人的な感想ですが、トピ主さんは少しお客様気質なのかなと思います。同人なんて趣味だし、出す側の好きにやっていいものなんです。商売じゃないんだから買う側に過剰に気を遣う必要なんてないです。同人誌を発行する側と買う側、それ以外の何ものでもない関係です。そんな相手にこっち側のことも考えろなんて横暴すぎますよ。
トピ主さんのスタンスとサークルさんのスタンスが合っていないってだけの話です。別に完売して次の日にWeb再録したっていいんです。嫌なら次から買わなきゃいいし、サークルさんもそういった層が離れても別にいいと思ってるんじゃないでしょうか。

ID: sF5aZwrC 29日前

どのような形でも読めればいい、というのはつまり読めるならwebで無料で読みたい、ということであり、そうしたただ消費する側の人間がああしてほしいこうして欲しいというのは私には無理です。
上述の方の通り、同人活動はただの趣味です。商売ではありません。作者側は好きなように公開すればいいし、読み手側も嫌になったら離れていけばいいだけのことです。

ID: トピ主 29日前

トピ主です。
ご意見ありがとうございます。
まずお客様気質という事ですが否定はしません。お金を出していますので。
よく言ってくる同人とは元々なんちゃらとかの意見はいりません。
先に書いていますが作者さんの好きにすればいいと思います。
買うも買わないも読み手の自由ですし売るもweb再録するのも作り手の自由です。
読み手側として不快に思うだけです。人それぞれですね。コメントくれた方のご意見で共感してくれる方もいらっしゃったので作り手側からしたら見えてないだけでそう思ってる人達は意外と多いのではないかなと思います。
同人誌が前より売れなくなった、と言っている人たちの中にはそういった事をしているのに気づかない人がいるのかもしれません。

私は再録された方の同人誌は今後買わないしWEB再録を待つことにします。
買われる方はどうかたくさん買ってください。完売しないとWEB再録してもらえないので。
よろしくお願いしますね。

ID: MU7BOnZL 29日前

私はもうこのジャンルでは本は出さないかなあと思ったタイミングで再録します。
本を中古に売られるのも分かってはいます。
何故か最近は確かに全体的にweb再録の間隔が狭まった感じがします。
周りがやっているから自分もやろうとかそういう感じに見えます。

トピ主さんの言い分も分かる気はします、ただで読めるならそりゃ読みたいです。
はっきり声にする人はそこまでいなかっただけで、もともと潜在的に存在していたと思います。
一方で紙の本が欲しくて買ってくれる人もちゃんと存在しているし
トピ主さんのような人もいるんだなということでそういう人々は元から購買層に含めないようにするしかありません。
完売した直後に再録するのも、一切同人誌を買わないのも、それぞれ自由にやればいいと思います。
そして完売した後再録がなかったとしても、案外人は忘れているもんです。

ID: Tbmx5aSl 29日前

「待てば無料で読めるならわざわざお金を払うことはない」と思う作品があるのは否定しません。わたしも、そう思う作品でWEB再録される作家さんなら再録を待つと思います。

しかし同時に、「ネット上で無料で読めるとしても、紙の本が欲しい」と思う作品や作家さんも存在します。

トピ主さんも後者のように思う作品や作家さんに出会えたら、是非同人誌を買ってくださいね。

ちなみにわたしは、後者の「無料で読めるとしても紙の本で欲しい」と思ってくださる方の手に確実に届けたいので、完売して一年くらい経てばWEB再録もしますし、一度ネットに上げたものを本にすることも多いです。
捌ける部数は減りましたが、その分印刷費の負担も少なくて経済面で楽になりましたし、確実に喜んでくださる方の手に渡っているという実感もあります。部数に対する感想の数も増えました。
沢山部数を出すことに拘らなければ、こんなやり方もあるので、考え方の違いだと思います。

こちらの投稿もおすすめ