ID: R2z6XKtZ2ヶ月前

同人イベント出るときにどうしても「楽しもう」よりも「在庫が残るの...

同人イベント出るときにどうしても「楽しもう」よりも「在庫が残るの怖い」って気持ちになるんだけど、なんでこんなにもこんな風に考えてしまうのかなって思ったら、遠征費とかそういうのがかかってるからどうしても損得で考えちゃうんだな…。都内とか、都市部に近いところに住んでたらもっと楽しい気持ちで参加できたのかな。楽しみたいのになんだか時々悲しくなる。

3

みんなのコメント

ID: 9GmOncdb 2ヶ月前

私は都内住みにもかかわらず同じ気持ちです。
出したいと思って長い間尻込みしてる私なんかより
ちゃんと出しているのだから素晴らしいと思います。

ID: OQp4xWSd 2ヶ月前

残っても怖くない在庫量を意識した部数にすれば良いのではと思います。

ID: 5yF9EDw0 2ヶ月前

在庫が残りすぎるのは問題ですが、ある程度残しておくことで、次のイベントでも頒布できるメリットはあります。
新しく自分のサークルを訪れた人にとっては、既刊もまた自己紹介の材料だったりしますし。

とは言え、遠征費云々でサークルと黒字運用したいという思いも分からなくないです。
毎回遠出するのもシンドイならば、DL販売や委託という手段を考えてみても良いのではないでしょうか。

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。