ID: SbApOkxr2019/05/29

初めて同人誌を発行した際、皆さんは何を基準に部数を決定されました...

初めて同人誌を発行した際、皆さんは何を基準に部数を決定されましたでしょうか?

ジャンルは一次創作、女性向けのファンタジー小説です。
twitter・小説家になろう・携帯小説サイトのアカウントは持っていますが、pixivには投稿したことはありません。
また、普段は長編をメインに活動していますが、今回製本するのは新規の短編集です。
友人が文学フリマに参加する為、それに合わせて委託&通販開始の予定です。

今回、製本自体が初めてなので、皆さんの部数の決め方をお伺いしたいです。

私が行おうとしているのは、イベント2ヶ月前から小説家になろうにサンプルとして1話分を掲載した上で、
・イベントの取り置き希望受付
・BOOTHの通販の事前予約受付
・twitterでのアンケート
基本的には上2つの確定人数+アンケートの結果次第では数部余分に……と思っています。

pixivはオリジナルである点、文学フリマの参加者とユーザーが余り一致していないという話も聞いたので、特にサンプルを掲載する予定はありません。

2ヶ月前の判断では早いでしょうか?
その他、参考にしている数字などがありましたら、教えて頂ければ嬉しいです。

みんなのコメント

ID: E5qzWiT0 2019/05/29

文フリで一般向け一次創作小説を出したことがありますが、二次創作から私の作品を応援してくれている方が自家通販で3名買って下さった他は、当日手に取って立ち読みして買っていて下さった方が3名の計6冊しか初動では売れませんでした。1~2年前に20冊刷って、ずっとBOOTHに在庫があります。笑 半年に一度くらい二次創作の作品と一緒に売れることがあり、最近やっと在庫が一桁になりました。
一次創作小説を出す前に部数アンケをTwitterで行いましたが、欲しいに30票は入っていたにも関わらずです。なのでアンケートは参考にならない気がします。
ちなみに二次創作では一回のイベントで100冊ほど刷り、イベント2~3回+通販で大体完売しています。
一次創作小説は商業媒体でプロが書いたものが買えるのに、あえて文フリなどのイベントで素人が書いたものを買おうとする方はかなりこだわりが強い印象があります。(一度しか参加していないので信用度の薄い情報ですが。)
興味を引く装丁でまずは手に取ってもらい、書き出しで引き付ける。というのをよっぽどうまくやらないと売れないものだなぁと痛感しました。
ちなみに文庫版で300ページ、フルカラーのカバー付きで装丁デザインは有償で外部委託しました。
文フリ出店費用すらペイできておらず完全赤字なので、刷る数はぶっちゃけお財布と相談するのが一番だと思います。
本を刷るのが初めてとのことですし、まずは印刷費用の見積もりを出してみてから、一冊も売れなくても後悔しない予算内で装丁と冊数を決めるのをおすすめします。
ただ、装丁が簡素すぎると手に取ってもらいづらいと思います。

こちらの投稿もおすすめ