ID: qsKCLx4I27日前

自分の二次創作をもっと読んでもらうために、ツイッター以外の方法は...

自分の二次創作をもっと読んでもらうために、ツイッター以外の方法はありませんか?
過去ツイッターもやっていましたが、性格的に疲れてしまい2度同名義で垢消ししています。また、ツイッターの同じ界隈の人は小説より絵に興味のある人ばかりの印象で辟易しています。
pixivではキャプション、タグ付けをきちんとする以外のことはあまりしていません。自カプは書き手・描き手の人口が少なく、交流による認知度の高め方は考えていません。

仮にツイッターを再度利用するなら、個人名でなく自カプを広めるアカウントとして、他の方へのいいねやリツイートを織り交ぜながら自分の作品もあるよ程度に利用を考えています。

上記のようなやり方に頷けない場合、自作品を紹介出来るツールやサービスは何が良いのでしょう?
あるいは無理せず、創作を楽しむことに専念してpixivでの作品発表に留まった方が良いでしょうか?創作自体は楽しく行えています。
どなたかご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。

みんなのコメント

ID: トピ主 27日前

追記:アップしているのは小説です。

ID: 1U4g7Nvs 27日前

「個人名ではなく自カプを広めるアカウント」とありますが、貴方は自カプの何様なのでしょうか?(嫌味ではなく純粋に)
客観的に考えるとそんな謎の多いアカウントがあるCPはどちらかというと近付きたくないです。不気味なので…。

現在、分母がそもそも少ないと思いますので紹介できる場所を作ったとして見てもらえるかは別になります
マイナーCPの広め方として一応認知度を上げる方法は

・界隈の人気作家を呼んでアンソロやゲスト本を作る
・人気CPを書いて自身の知名度をあげ、それを呼水にする

のどちらかかと思います。
同人誌が難しい場合Twitterでのハッシュタグ企画などにしても界隈によっては大丈夫だと思います。

ただそれらをもってしても二次創作によってCP人気が高まるというのは殆どないです。
たくさん読んで欲しい!と思うのは大事ですが、今現在マイナーな場所にいる自覚はしっかりした方がいいです。
無いものねだりの空回りにならないように祈ります。

ID: lwbg6vBA 27日前

お言葉ですが、私は自分の書いているカプを広めたいのではありません。
人気作家を呼ぶとか、人気CPを書いて…等、人をダシにしたり、好きでもない流行りのCPを書けばとりあえず人目は引けると仰っているように受け取りました。
ツイッターは何にしても合わないし、自分の考え方が違うと気付けました。ありがとうございました。

ID: 5U2eGdEP 26日前

えっ
「個人名ではなく自カプを広めるアカウント」はトピ主さんの言葉そのままなんですけど自カプを広めたいわけではないのですか??
「『自分』の作品を広めたい」が一番の主軸であり目的ってことなんですか??
それはトピ主さんのお言葉を借りると、自カプをダシに自身の承認欲求を満たしたいだけなんですね…そりゃ自カプの神に誰しもなりたいし別にそれ自体は悪いわけではありませんが
それはもうトピ主さんの力量次第としか言いようがないので頑張って下さい、上手ければSNS関係なく何だかんだ人はついてくるので。

ID: N0vpZcjf 27日前

すで(二度アカウントを消していらっしゃるのということであれば、おそらくツイッターに向いていないのだと思います。なので、利用するのはあまりお勧めできません。
ただでさえアカウントをしょっちゅう消したり作ったりしている人というのは警戒されがちですし(面倒な人が多いので)、三度目ともなればなおさらです。
最初のうちは気づかれなくても、何かのきっかけで「あ、これあの人だ」と気づかれると、「この人なんかヤバいのかな」と思われる確率は跳ね上がります。

どうして使いたい場合、少なくとも作品のアップ通知のみにとどめ、その通知も自動でして、ご自身ではTLを一度も覗かないくらいがちょうど良いのでは。

そして、自分の作品を読んでもらいたいなら、地道に書きつづけて、同じ場所に(pixivをご利用ならpixivに)アップしつづけるのが、いちばん堅実かつ確実な方法だと思います。
スピードが出せるのであれば、月一回は作品を上げられるとなお良いかなと。
そしていちばん大切なのは、書く腕です。面白い作品を書く人が定期的に上げつづければ、時間はかかっても読者はつきます。

インフルエンサー的な存在に作品を周知してもらえれば、読んでくれる人が増える可能性は高くなりますが、それも一時的なもので、作品に力がなければすぐに忘れられます。
今は楽しんで書けていらっしゃるとのことですので、そちらの環境を大切になさるほうがいいような気がします。

ID: lwbg6vBA 27日前

ご意見ありがとうございます。
ツイッターは自分でも面倒くさい人と思われて仕方ない自覚があるのでやめておきます。
遅筆なのでスピードは出せませんが、高望みせずpixivで地道に楽しく書いていこうと思います。

ID: sLmZU3HW 27日前

「自分の二次創作をもっと読んでもらうために」という目的をメインと考えてコメントしますと、Pixivが一番だと思います。タンブラーとかもありますけど、ジャンルやキャラクターの人気によりけりって感じですし、海外勢中心なので小説は難しいですね...。

当方漫画は描かない絵描きですが、カプ作品って、ツイッターでは確かに瞬発的に絵がバズりやすいんですけど、ピクシブでは割とそうでもないと最近感じます。本当に実力ある人のイラスト作品や、ちゃんと内容のある漫画作品は置いておくとして。描き始めたばかりだとか線画やラフばかりのログ作品、言うて評価数ついてないです。1万字超えの小説作品はそれ以上に評価されてますし、ブクマ以上の閲覧数、つまりリピート数を得られていると思います(もちろん文字数が全てではないですよ!)
最近私の界隈で、「小説書きが多いけど140字とか5分くらいで読める短編が多い気がする、もっと1時間くらいかけてじっくり浸れる小説に飢えてる」ってツイートを見かけたので、そういう需要はきっとあると思います。私も全面的に同意ですし。

ただ検索ありきの(=交流によって作品が広がらない)ピクシブでは、自カプを広めるという点は割り切らないとダメですが...。あとそれこそツイッターで「Pixivに投稿しました!」って告知でもしなければ、評価に時差があるのも難点です。
でも、ツイッターに戻ったとして、小説でカプを布教するのは難しいのかなと思います。主さんがジャンル移動したきっかけを思い出してみるといいのかも。

ID: lwbg6vBA 27日前

ご意見ありがとうございます。
やはりツイッターは絵の反応が多いんですね。
pixivで発表しているのは1万字を超える話が半分以上なので、ある程度読み応えのある小説を求める方もいると知り安心しました。界隈は違うと思いますが…
元々自カプを広めたい訳ではなく、自分が創作活動を楽しみたいのが優先事項なので、ツイッターは色んな意味で向いていないと改めて感じました。つい欲が出てしまいましたが、地道に楽しくやろうと思います。

ID: PZGW164Q 26日前

トピ主さんの悩みとしては2点、
・自分のマイナーな特定CPの二次創作をもっと見てもらいたい
・マイナーな特定CPの母数を増やしたい
でしょうか。

・自分のマイナーな特定CPの二次創作をもっと見てもらうには
二次創作の小説ということなので、やはり場所はpixivがベターかな、と思います。
pixiv内で見てくれる人を増やすには、人の作品に感想コメントを残すのが意外と効果的です。
それが次第に「交流」にも繋がっていくかも知れませんが、トピ主さんがもし交流苦手なのでしたら無理に「交流」まで行かずとも感想を投げるだけに留めたら良いかと。
あと気をつけて欲しいのは、自分の作品も見て欲しいという思いが出すぎて「自分語り」に話を持っていかないことです。ご存知でしたらスミマセン。

あとは思い切ってメジャーな作品の二次創作にも手を出すことです。
例えば、メジャー作品とマイナーCP作品を交互にアップすれば、
トピ主さんのメジャー作品二次創作に釣られてマイナーCP作品が目に留まることも増えたりします。
マイナー作品ばかりで閲覧数が伸びない辛いという人には、このメジャーマイナー交互作戦をよくお伝えしています。
 
 
・マイナー特定CPの母数を増やすには
女性向けジャンルですと地雷CPとかあったりもするので、あまり積極的なアプローチは悪手になる可能性もありそうでなんとも言えません。
私は特定CPとかではないですが、特定ジャンルを盛り上げたいなという思いで手動botやってます。

暇な時に検索メモから特定ジャンルの二次創作の画像投稿やpixivリンク投稿を検索してRTしています。
ポリシーとしては
・botのウォール(自分のツイートやRTの欄)は特定作品関係ばかりで、まとめて見たい人には便利なよう心がける
・作者、RTいいね数に関わらず、なるべく平等に扱う。
・自分の作品も検索に含まれてRTしたりはするが、特別扱いはしない。他の投稿と平等。
・同ジャンル好きそうな人を見つけてフォローしたりはする。
・botなので基本は無言フォロー。プロフ欄にその旨は注意書き。
・「フォローありがとう」リプが来たら挨拶程度はしても中の人をなるべく出さない。飽くまでbot。
・中の人は出さないため、感想を送ったりもしない。
・ミュート、ブロック上棟。botなので気にしない。
って感じです。

基本的に、既にジャンルの輪の中にいる人向けで、かつ輪の中を盛り上げるためのbotのため、ジャンル外の人へのアプローチはそのbotではしていません。

もし私であれば
・◯◯を盛り上げ隊bot
・プロフ欄
 無言フォロー失礼します。
 ジャンル◯◯の二次創作作品を手動RTするだけのbotです。
 中の人は△■CPが好きなので偏るかも知れません。
って感じでbotを作って、◯◯ジャンルと△■CPの作品をなるべく交互に手動RTして回るアカウントを作ります。
こういうアカウントは正直凍結をくらいやすかったり、嫌われたりもするので、中の人の正体はバラさないほうが良いかと思います。

ID: PlXhFxtg 26日前

成り行き的なものですが、トピ主さんがイメージしているのとある意味では近いかもしれない推しキャラ応援アカウントを運用しています。(自分の場合はそのアカウントを「創作しない人」として運用していて、創作用とはジャンルも違うし基本的には接点ありません。ただただ、そのキャラが好きで誰に頼まれなくても四六時中関連ツイートを漁って愛を叫んでいた結果そうなっただけ…というものです。)
そのキャラが好きな人には結構見てもらえていますので、そういうアカウント自体が全然ダメってことはないと思います。自分自身RTいいねしてくれる人は貴重なので、トピ主さんの反応をありがたく思う人もいると思います。

ただ、もしトピ主さんの動機が「自作品にアクセスを誘導すること」で「他の方へのいいねやRTはそのための手段」なら、それを見透かされちゃうことは普通にありうると思います。ご自身が楽しんで素直な気持ちでやれるならいいと思いますが、「絵に興味のある人ばかりの印象で辟易」と仰っているトピ主さんにはもしかしたら負担感があるかも…と。

個人的には、それよりは「自分が好きな作品はバンバンRTするし自創作もアップする」アカウント…つまり、言ってみればRTが多い普通の二次創作者としてのスタンスで初めから運用したほうが誠実な気がしますし、トピ主さんも自分の中でウソをつかなくていいので負担が少なくなるような…?となんとなく思いました。
あとは、他の方が仰るようにpixivで今まで通り続けるのもいいと思います。今楽しめているのであればそれが肌に合っているということでもありますから。

いろいろ書きましたが、せっかくトピ主さんが新しいことに挑戦するのを応援したい気持ちもあります。とりあえずちょっと試してみるのもいいと思いますよ!

コメントをする

ご利用の際は、利用規約をご一読ください。

こちらの投稿もおすすめ