ID: O9sfnhbB8ヶ月前

文章はとびきり綺麗だけど評価はそれなりの小説同人誌と、文章力は高...

文章はとびきり綺麗だけど評価はそれなりの小説同人誌と、文章力は高くないけどジャンル内では大絶賛されている小説同人誌。どちらを買いますか?
私自身はオンで絵を描くのみで買い手側なのですが、漫画はどんなに話が良くても絵がある程度上手くないと受け付けません。
でも小説は内容で選んでる事が多く、言い回しのくどいいわゆる綺麗な文章は正直個人的ハズレ率が高いです…
自分はほんとに驚くほどその率が高いので、皆さんどうなのか気になりました。

みんなのコメント

ID: GSoNslFh 8ヶ月前

お気持ち凄く分かります。
「綺麗な文章」と言いますが、それは何をもって「綺麗」なんでしょうね。
私は一番尊敬している作家は星新一ですが、文章は装飾が少なくとてもあっさりした文体です。
「今朝、黒猫が死んだ」もそのまま「今朝、黒猫が死んだ」と書くでしょう。
それを「黒い毛並みに朝靄の滴と孤独を纏わせながらその猫は胸の鼓動を鳴らすのをやめた」と記す方が「綺麗」なのでしょうか?
ぱっと見て美しいかもしれませんが、必要性のない叙情的な表現はただの蛇足にしかなりません。
(ここが話の山場や重要なキャラであれば後者でも良いでしょうね、また村上春樹や西尾維新のようにそれ自体を持ち味にする天才もいます)
これが延々と続けば長い割に内容のないただの薄いカルピスが出来上がります。それは綺麗とも文章が上手とも言わないと思いますよ。
絵描きで言うと細かい装飾ばかり書き込んで全体のバランスがおかしくなっている状態でしょうか。
またトピ主さんのいう「文章力の高くない」方は万人に受け入れられている時点で、文章力は高いと思います。ちゃんと読み手を考えて文章を書けているということなので。
私はwebで読んで好きな人しか買わないですが確かに「綺麗な文章」を書く人のはあまり買わないですね。

ID: Kz490qP3 8ヶ月前

私も回りくどい言い方は苦手と言うか読めません。いらない情報を頭に入れると解読が困難になります(私の読み手としてのスキルが足らないのかも知れませんが)
それと人気があるとどうしても次の話が雑と言うかなんと言うか…個人的には文章力は高くないけど人気はひっそりしてる方が好きです。そういう方を見つけると嬉しくて跳び跳ねます。見付けるのは大変なんですけどね、主さんもそんな方に巡り会えることを願っております。

ID: ju8Aty1H 8ヶ月前

結局は純文学系が好きか、娯楽文学系が好きかということでしょう。

起承転結のストーリーを楽しみたいのであれば簡素な娯楽文学寄りの作品、情景を楽しみたいのであれば純文学寄りの作品が好みです。
一般的に、ネット小説は娯楽文学寄りの作品ばかりで表現が味気なさ過ぎるのですが、純文学に寄りすぎてストーリーや展開のテンポが鈍くなりすぎるのも嫌いです。

全体の構成やテンポを考えて、ゆっくり情景を描きたい箇所には純文的な回りくどい表現をしつつ、展開が速いシーンは会話中心に娯楽文学寄りなど、「合った表現」が出来てるかどうかが大事かな、って思ったりします。

自分は、そういった表現のテンポがズレてしまうと「読みづらい」と思って本を畳んでしまいます。

二次創作では、主人公に感情移入するための情景描写がなくとも読者はキャラを知っているので、簡素でもテンポが良い娯楽文学の方が好まれる傾向はあるかな、と思います。
極端な話、シナリオ文章でも読めてしまったりしますし。

ストーリーや展開が面白ければ簡素な表現の本でも買うかも知れませんが、あまりに読み応えがないのであれば買いません。

ID: xDIgFEq7 8ヶ月前

私はどんなに絵がきれいでも、内容が面白くなければ買いませんし、逆に画力そのものが下手でも魅せ方や話が面白ければ大ファンになってしまいますね…
小説は難しい言い回しをしていれば上手い、というわけではないので、その辺りは好みとしか…。ジャンル内で絶賛というのは、誰もが受け入れやすい題材を、誰もが読みやすく書いているのでしょうから、むしろ文章力は高いでしょう。文章力が低いものというのは恐らく読み進めることすら出来ないと思いますので。
難しい言い回しをしている人は自分の作風にこだわりが強い人が多い気がしますね。全体的な構成よりその一文を「読ませる」ことを大切にしているのかもしれません。
私は好みに合えばどちらも読みます。

こちらの投稿もおすすめ