ID: hDRkeMXy2019/08/21

ある程度自分の納得できる絵が描けるようになって来たから同人誌を作...

ある程度自分の納得できる絵が描けるようになって来たから同人誌を作りたいと思ったのですが、顔漫画感が否めないんです。
どんなこと気をつけてるかとか教えて欲しいです。

みんなのコメント

ID: 5yF9EDw0 2019/08/21

漫画はバストアップだけの顔漫画でも、それなりに漫画として成立してしまいます。
とはいえ、あんまり作画カロリーを高くしても漫画を作るのが疲れるだけなので、
見せゴマだけは構図やアングルにこだわった「1枚絵」に近いコマ絵を用意するようにしています。

あとは
・ただ会話してるだけのシーンだけど頭上からのアングルにする
・口元や手元だけのアップの構図にする
・風景に吹き出しだけのコマ
など、ただの会話だけのやりとりでも、ちょっと表現の仕方を変えてみたりして緩急をつけるようにはしています。

あとは描いている漫画の種類にもよりますが、
解説のための図画を入れてみたり
アクションシーンを入れてみたり
そういうところでも一工夫できるかな、と思います。

ID: RwSoN5UL 2019/08/22

なるほど、吹き出しだけのページとか作ると確かに緩急出ますね!
ちょっとそういう事も意識していきます

ID: it1VET9z 2019/08/22

同人誌作成に踏み切られたこと、すてきです!陰ながら応援します!
自分はどんなことをしてるかなと思い返してみたらけっこういろいろあったので、手っ取り早く試せそうな順番で書いてみます。

・とにかく顔以外のコマを置いてみる
描くものはキャラクターの周りにあるもの(またはキャラが見ているもの)であれば案外何でもよくて、上の方が仰っているように手元、口元、足元、室内なら近くの小物(マグカップなど)や、屋外であれば空や街路樹などなど。読み手はセリフが入っていれば基本的にそこを追ってくれますし、セリフがなかったとしてもテンポを作る効果はちゃんとあるので、無駄にはならないです。極端な例だと、それこそ白(または黒)の何もないコマに印象的なセリフを浮かせるだけでもそれっぽくなります。

・アングルに変化をつける
空中に小さいカメラを飛ばして自由に動かすつもりで、うんとキャラの近くに寄ったり、逆に遠くに引いたり、下からや上から、頭の中でそのコマにいちばんしっくり来るアングルを探してみると結構楽しいです。あまりにもカメラの動きが激しいと読むのがしんどくなるのでほどほどにはなりますが…
顔が多くても、見開きページの中で同じくらいの大きさ・向きの顔が少なければ顔漫画感は薄れると思います。

・コマ割りに変化をつける
テンポが単調だと顔漫画感が強くなるので、時々ぶち抜きで大ゴマを作ったり、キャラを枠線の外にはみ出して配置したりして変化をつけると良いかと思います。特に、キャラが足元と地面(床)まで描かれているコマを作ると空間が着地する感じがあって良いみたいです。

・シーンのシチュエーションそのものを変えてみる
わりとダイナミックな方法ですが…
部屋の中でずっと会話が続いて動きがないようでしたら、思い切ってシーンの舞台を部屋じゃないところにしてしまうのも結構いいと思います。
例えば近所の川原なんかにキャラを連れて行くと、会話だけだとしても意味深に水際を描いたり、草をちぎっていじったり、小石を水に投げて波紋を描いたり、あとはただ風を吹かせてキャラの髪をなびかせるだけでも結構良かったりします。

あとは、もし好きな漫画や映画があれば、その作品中にどんなコマ割りやカメラワークが使われているか分析しながら1作読むだけでも手法を学ぶことができるのでおすすめです。

いろいろ書きましたが、トピ主さんが漫画の描き手であるかぎり、どんなアングルでもシーンでも、思いのまま自由に選ぶことができます。たくさん試して、楽しんでください!

こちらの投稿もおすすめ